Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

冨永愛さん、スタイルキープの秘訣は「めんどくさい」と思う自分を励ますこと

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
婦人画報

17歳でデビューしてから、長年トップモデルとして活躍する冨永愛さん。長年キープするスタイルの秘訣は丹念なセルフケアにありました。

食事にも試行錯誤で辿り着いたルールがあります

朝はだいたい7時に起きます。歯を磨いたら、高濃度のビタミンCのサプリのあとに、乳酸菌入りの青汁と玄米甘酒を混ぜたものを飲みます。息子を起こしてある程度身支度を整えたら、手作りの豆乳ヨーグルトにフルーツやヘンプシード、ナッツを入れたものが定番。朝はあまり食べ過ぎないのが体に合っているようです。ランチは生野菜たっぷりのサラダをいただくことが多いのですが、生野菜は消化に負担をかけるので昼だけと決めています。

自分を奮い立たせてトレーニング!

先日、初のビューティーブック『冨永愛 美の法則』を発売しました。その取材で各メディアに出演する機会が色々とあります。生出演したテレビ番組では長年続けている下腹部のあたりの“丹田”のトレーニング法を実践しました。スケジュールの隙間時間を見つけてジムにも通っています。運動は、週2回のパーソナルトレーニングと週1回のヨガが基本。ジムでは脚、ヒップ、お腹、背中など、2時間かけて全身をみっちり鍛えます。正直、面倒くさいと思う日もあるけれど、モデルとしていつでも完璧な体でいるためには欠かせないこと。自分を励ましながら、定期的にメニューを見直して取り組みます。

休みの日にはたっぷりと時間をとって、自宅でストレッチとマッサージを。いまはレッスンに行けないので、テレビ電話でアドバイスをいただきながらヨガをしたりも。湯船には毎日浸かりますが、長風呂は肌が乾燥するので10分以内がマイルール。でも顔の泥パックをしながら浸かるのは至福の時間です。お風呂上がりのスキンケアも入念に。一つの工程ごとに顔を手で覆って、ぐっと押し込み浸透させることがポイントです。

仕事に対する思いはいまのデビュー当時のまま

ファッション撮影は、いまも緊張感が漂う特別な時間です。日ごろのトレーニングや食事管理、丹念なスキンケアもこの瞬間のためのもの。常に最高を目指したいという思いは、貪欲な17歳のころと変わっていません。近ごろは仕事の内容がモデルの域を越えて、女性の生き方やその支援に関することも増えてきましたが、若いときからシビアな世界で生きてきたからこそ伝えられることがあると思っています。

【関連記事】