Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元農水次官に懲役6年、相場通りでいいのか 1回の暴行で強固な殺意、長男をめった刺し

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 東京都練馬区の自宅で6月、引きこもりがちだった長男=当時(44)=を刺殺したとして、殺人罪に問われた元農林水産事務次官、熊沢英昭被告(76)の判決で、東京地裁の裁判員6人、裁判官3人の合議体は16日、懲役6年(求刑懲役8年)の刑を選択した。確かに「判決は求刑の七~八掛け」という裁判官だけの時代から続く量刑の相場通りで、同じような事件の判決との公平性も確保されている。しかし、被告は長男が長期の別居から同居に転じた直後、暴力を1回振るわれただけで、殺害を決意し、首や胸を中心に少なくとも36カ所の傷を負わせるほど、包丁で長男をめった刺しにした。非常に強固な殺意は明らかであり、刑事責任はもっと重いのではないか。(共同通信編集委員=竹田昌弘)  ■ネットで「殺人」「執行猶予」を検索  被告は判決で、6月1日午後3時15分ごろ、自宅で長男に対し、殺意をもって、その頸部(けいぶ)などを包丁(刃体の長さ17・5センチ)で多数回突き刺し、同4時47分ごろ、搬送先の病院で、頸動脈損傷などによる失血死で死亡させ、殺害したと犯罪事実を認定された。 

 有罪認定後の刑は①犯行態様、結果、動機、計画性などの「犯情(犯罪行為に直接関わる事情)」にまず着目する、②続いて、例えば殺人罪であれば、口封じ目的で同僚を毒殺、生活苦から母親が乳児の首を素手で絞めて殺害といった「社会的類型」に当てはめ、裁判所のデータベースで検索した過去の量刑を参考にして「(刑事)責任の枠」をイメージする、③その後に被害者側の事情(被害感情、落ち度など)と被告側の事情(年齢、前科、反省など)も考慮して刑を決める―という「行為責任主義」の手順で決める。   判決によると、①の犯情について、まず長男の傷が多いことなどから「強固な殺意に基づく危険な行為」と認めた。被告は長男が同居を再開した翌日の5月26日、長男から暴行(髪の毛を引っ張ってサイドボードに頭を打ち付けるなど)を受けると、殺害を考えるようになり、妻に心中をほのめかす手紙(これまで尽くしてくれてありがとう。感謝しています。これしかほかに方法がないと思います。死に場所を探します。見つかったら散骨してください。長男も散骨してくださいなどと書かれている)を渡し、インターネットで「殺人」「執行猶予」などのキーワードで検索。(アスペルガー症候群を患う長男の)主治医や警察に相談することなく、殺害を実行したのは「短絡的な面がある」などと指摘した。 

【関連記事】

最終更新:
47NEWS