Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

インドネシアに中国人大挙流入

配信

Japan In-depth

「大塚智彦の東南アジア万華鏡」 【まとめ】 ・インドネシア中国人労働者の入国に地元から不安の声。 ・政府は国家的プロジェクトのため、基本的に推進する立場。 ・地元からはインドネシア人の雇用機会を奪っていると批判も。

インドネシアのスラウェシ島東南スラウェシ州にある中国系企業で働くために中国人労働者が次々と入国、折からの新型コロナウイルス感染拡大防止でインドネシアは外国人の入国を制限しており、「中国人だけという特例は問題ではないか」「ウイルス感染の心配があるのでは」などと地元州議会や住民から問題視とともに不安の声が上がる事態となっている。 地元メディアなどによると、同州の州都クンダリの空港に6月23日までに中国人156人が到着、入国した。中国人らは同州コナウェ県モロシにあるニッケル精錬の中国系企業「バーチュー・ドラゴン・ニッケル・インダストリー(VDNI)」などに雇用された労働者で、入国に際して全員が外国人専門家労働ビザを取得していたという。 VDNIはステンレス鋼企業「オビシディアン・ステンレス・スティール(OSS)」と共にステンレスとニッケルの精錬工場を設置中でそのために必要な専門技術を持つ労働者として156人が入国したという。 2社ではすでにこれまでに709人の中国人労働者が現場復帰して精錬施設の建設に当たっているという。地元報道などによるとVDNIは「インドネシアで熟練工を探したが該当者が見つからなかったため、中国から専門技術者を派遣させた」としている。 さらに約半年間を予定している精錬施設の工事が終了したら中国人専門家は帰国し、インドネシア人労働者を約3000人雇用する計画である、としてあくまで短期間の工事に従事する中国人の専門労働者であることを強調している。 両社では2019年以来、精錬設備の建設を進めていたが、2020年3月以降のコロナ禍で大半の中国人労働者は一時帰国していたものの、状況が好転したとして順次戻りつつあるという。 これまでに入国してすでに精錬施設の工事に就労している709人に加えて今回到着した156人を含めて最終的には約500人の受け入れを予定しているとしている。

【関連記事】