Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

友常勇気『Age.5/17』で見せた、2.5次元俳優の七変化 ゆるめのニットで“お家デート”姿も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 根強いブームとなっている2.5次元舞台だが、ここ数年で突然現れたものではなく、2003年から始まった『ミュージカル テニスの王子様』をきっかけに、2010年以前から存在していたカルチャーだ。  流行が進むにつれて“2.5次元俳優“という言葉も登場し、今やアニメ・ゲーム・漫画原作の舞台をメインに活動するタレントさえいる。友常勇気もその一人だが、キャリアは10年とこの界隈でもなかなかのベテラン。デビューその節目として初の写真集『Age.5/17』(トランスワールドジャパン)をリリースした。 ■友常勇気の2.5次元界隈へのオファーが急増した理由  俳優としてのキャリアをスタートしたのは2009年、彼が22歳の時だ。最初から2.5次元の世界に挑戦していたわけではなく、小劇場をメインとした舞台に次々と出演。そしてテレビの仕事も同時にこなしていた。正統派な俳優道を進んでいく中、転機となった作品に出演する。2012年に行われた『ミュージカル テニスの王子様2ndシーズン』である。  沖縄出身の比嘉中テニス部に属するパワフルなキャラクター、田仁志慧(たにしけい)を演じ、力強いプレーの再現、そして圧倒的な存在感を見せつけ話題を呼んだ。この出演をきっかけに2.5次元界隈へのオファーが急増し、『弱虫ペダル』や『遥かなる時の中で』、『ツキウタ』など有名作品へ参加。一躍人気俳優への階段を駆け上がった。  10周年の節目、そして記念すべき初の写真集『Age.5/17』の表紙は落ち着きを見せた印象的なモノトーンのもの。組まれた指の奥には物憂げな瞳の友常がこちらを見ている……読めない表情に、心の奥が揺らぐような感情を覚えてしまうはずだ。  このまま序盤はシックな写真が続くのかと思いきや、ページをめくると真っ白な世界に包まれた彼の姿が! 表紙とのギャップが良い意味で凄まじい。優しく温かみのある光に、ホワイトコーデ。ゆるめのニットがリラックスした雰囲気を作り出していて、“彼氏とのお家デート“を彷彿させる写真である。  そんなリラックスムードの写真もあれば、赤のタキシードで情熱的にキメてみたり、バッチリとカラコンやメイクを施したパンキッシュな一面も。大きな目に高い鼻筋を持つ彼だからこそメイクが特に映えるのだろう。切れ長風に見せた目元はとてもセクシーで、思わず吸い込まれそうになってしまう。  ライダースジャケットに毛先を遊ばせたヘアスタイル、真っ赤な口紅。先ほどの“彼氏感“とは180度違い、『シド&ナンシー』のシド・ヴィシャスのような小悪魔っぷり。前半では正統派な友常を楽しめるが、中盤~後半に連れてやんちゃな表情が増えてくるのも見どころの一つ。正統派と“ちょいワル“、二つの顔を存分に楽しめるだろう。  そして本人もこだわりを見せたというファッションにも注目して頂きたい。全10体以上のコーデが披露されており、小物などの細部にも遊び心が含まれている。  ただメイクやスタイリング、組み合わされる色彩によってガラリと雰囲気が変わるカメレオンっぷりは流石としか言いようがない。本作は友常勇気のキャラクター七変化と表しても過言ではないのだろう。  一人の俳優としての10年間、そして伝えたい思いがしっかりと詰め込まれた読み応えのある一冊。今後も友常はこの「七変化」でファンを魅了し続けてくれるはずだ。

たかなし亜妖

【関連記事】