Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

間宮祥太朗、『ハケンの品格』スピンオフ出演「ぜひ楽しみに待っていてください!」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 俳優の間宮祥太朗が、日本テレビ系連続ドラマ『ハケンの品格』スピンオフとしてHuluで29日から配信される『ハケンの珍客』第7話に出演することがわかった。これまで今作には八嶋智人、ふせえり、柴田理恵、久本雅美ら個性豊か過ぎるキャストの演じる“珍客”が登場してきたが、間宮は本編の主人公であるスーパーハケン・大前春子(篠原涼子)ほどではないが「スーパーなハケン」三河島聡を演じる。 【写真】『ハケンの品格』13年前とポスタービジュアルが同じ!?細かな違いにも注目  今作は先輩社員が誰もいない営業企画課で起こる珍事件?に新入社員・井手裕太郎(杉野遥亮)と三田貴士(中村海人)、派遣・福岡亜紀(吉谷彩子)と新人派遣・千葉小夏(山本舞香)の4人が巻き込まれていくオリジナルドラマ。  『ハケンの珍客』撮影現場に来た井手裕太郎を演じる杉野と三田貴士を演じる中村。新機軸ドラマもいよいよ佳境を迎え、プロデューサー(柴田)から芝居にも高い要求をしていくと告げられる。  社会人生活にも慣れはじめた新入社員の裕太郎と三田。先輩社員・長嶋(松口)から指示された業務も完璧にこなして…いるはずもなく、今日中に提出しないといけない社内コンペをすっかり忘れていた。裕太郎と三田は秘密裏に事を進めようと、福岡と千葉にも手伝ってもらうが間に合いそうになく、今回も派遣会社ワークゼアの田無元(永野宗典)にすがることに。待ちわびる彼らの前に現れたのはかなりキャラの濃いスーパーなハケン?三河島だった…。  間宮は「『ハケンの珍客』と聞いて、つい、「珍客??」と聞き返してしまいましたが、人気作品のスピンオフに出演させていただきとてもうれしかったです。スピンオフ作品って、本編に登場している人物の過去だったり、未公開のシーンが扱われる物語が多いなかで、『ハケンの珍客』は完全オリジナル、かつ、紙芝居?というか、静止画と動画を組み合わせた新しい演出で、演じながらも想像しづらい箇所もあったので、どういう映像になっているのかすごく楽しみです」とコメント。「演じさせていただいた三河島は相当濃い人物ですので、一体どんな風に井手、三田、亜紀、小夏を振り回すのか、ぜひ楽しみに待っていてください!」とアピールしている。

【関連記事】