Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

何してる? キャサリン妃の外出自粛中の過ごし方

配信

ELLE ONLINE

家族と充実した時間を過ごしているみたい

外出自粛が続くなか、家での過ごし方は人それぞれ。最新の「どうぶつの森」で遊び尽くしたり、いつもと違う時間に友達とテレビ電話をしてみたり、服を着替えることに葛藤したり。   もしなんだかモチベーションが上がらない日々を過ごしているなら、キャサリン妃とウィリアム王子の素敵な生活をご覧あれ。

現在イギリス東部のノーフォークにあるアンマーホールで隔離生活を送るウィリアム王子一家。夫妻はジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子の3人の子供たちと多くの時間を過ごしている。   関係者は雑誌『USウィークリー』に「キャサリン妃は週末にケーキを焼いたりデコレーションしたりして、子供たちを楽しませています」と語っている。   「ケーキ作りが終わるまでキッチンは散らかっていますが、キャサリン妃はそれも楽しみのひとつだと考えているようです。また子供たちと一緒に、庭の手入れや種まきを楽しまれています」とも。妃と同じように、自粛中ガーデニングや家庭菜園を楽しんでいるという人は多いのでは?

さらに別の関係者によると「おもにキャサリン妃が子供たちの勉強と遊びをみているようです。けれどウィリアム王子も子供たちにいろいろ教えたり一緒に遊びを考えたりして、積極的に育児に参加されています」とのこと。   いっぽう3人の子供たちはとても仲良く過ごしているそう。 「妃は子供たちが仲良くしてくれていることにとても感謝されています。シャーロット王女は側転や倒立の練習に励んでいて、ジョージ王子が手伝ってあげているんです。それを見てルイ王子も仲間に入ろうとするんですよ」

ルイ王子といえば4月末に2歳の誕生日を迎えたばかり。SNSにはキャサリン妃が撮影したという、両手いっぱいに絵の具を塗った王子のキュートな写真がアップされた。   そしてこのレインボーの手形には、ちゃんとした意味がある。新型コロナウイルスへの感染が拡大しているイギリスやアメリカでは、子供たちが “希望のシンボル” として虹色の絵を描く動きが広まっており、ルイ王子の写真にもその意味が込められているそう。   外出できなくても家族で仲良く過ごしている様子のウィリアム王子一家。私たちも希望を忘れず自粛生活を楽しみたい!

original text : Mehera Bonner cooperation : Yumi Kawamura ※この記事は、海外のサイト US版『Cosmopolitan』で掲載されたものの翻訳版です。

ELLE gourmet

【関連記事】