Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

権力の圧力とメディアの決めつけに「抗う」 「ポスト安倍」政権誕生を前に考える

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 安倍晋三首相が8月28日、辞任を表明した。報道によれば、自民党は9月中に新総裁を選出し、臨時国会で首相指名を行い、新政権が発足する見通しらしい。9月中旬には立憲民主党と国民民主党の合流新党の結成大会も予定されている。  これからしばらくは流動的な状況が続くのだろう。しかし、次にどういう状況がやってくるのか、ただ待っているのでは、「見たいものしか見ない」「言いたいことしか言わない」「やりたいことしかやらない」「不都合な指摘には耳を貸さない」といった現政権の悪弊が、新しい政権になっても繰り返されるだけだろう。  そうならないためには、批判を受けとめない政権に、なお批判を続けることは必要だし、不当な事態に対する怒りを持ち続けることも必要だ。ただし、それだけでは、いいかげんうんざりする気持ちに襲われかねない。あるいは、熱意を示した一人の政治家に過剰な期待を抱く、といったことにもなりかねない。私たち一人一人が、ポジティブな足場を持ちながら、よりよい社会に向けて、自ら行動していけるためには、何が必要だろうか。(法政大学教授、国会パブリックビューイング代表=上西充子)

 ■映画「パブリック」が問うもの  ここで紹介したい公開中の映画がある。エミリオ・エステベス監督の「パブリック 図書館の奇跡」だ。  舞台は米オハイオ州シンシナティ市。凍死の危険に直面したホームレスたちが、閉館後の公共図書館に立てこもる騒動に、主人公である図書館員、スチュアート(監督自身が主演)が、不本意ながら巻き込まれていく様子を描く。平和的交渉で、事態の収拾を図ろうとする市警のビルに対し、市長選に立候補している郡検察官のデイヴィスは、図書館の監視室に乗り込み、早期制圧によって自らの手腕をアピールしようともくろむ。  映画の初めの方と最後に、「the public」と原題が映し出される。立てこもりの顚末(てんまつ)を見守る中で、「パブリック」とは何であるかを、見る者におのずと考えさせる(以下、ネタバレ全開のため、ご注意を)。  「パブリック」を「公共」と訳し、日本人の感覚で「公共」を捉えると、この映画のテーマを見失う。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS