Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ロッテファンの少年から聞こえた千賀への声【タカ番記者の好球筆打】

配信

西日本スポーツ
ロッテファンの少年から聞こえた千賀への声【タカ番記者の好球筆打】

試合を終え、タッチを交わす千賀(中央)と森

 ◆ソフトバンク6-3ロッテ(24日・ZOZOマリンスタジアム)  兄弟か、友人か。多分、同じくらいの身長だったから、友人だろう。1人は涌井、もう1人は唐川のユニホームを着ていた。見た感じ、小学校低学年のロッテファンだ。  この日から「マイナビオールスターゲーム2019」(7月12日・東京ドーム、同13日・甲子園)のファン投票がスタートした。ZOZOマリンでも各所に投票所が設置され、先の小学生たちも投票していたということだ。  その光景を目にし、こうやって自分だけの「ドリームチーム」をつくっていたな、と幼少期を思い出した。いまはネット投票もできる時代になったが、この子たちは球場へ足を運んだこともあり、マークシート方式の投票用紙を競い合うように塗りつぶしていた。  何だか懐かしく、誰に投票しているのか興味が湧いたので、その場に足を止めてみた。まあ、ロッテ好きの野球少年だから投票内容も大方の予想はついたのだが、突然、面白いやりとりが始まった。涌井ユニホームの少年が唐川ユニホームの少年に向かって一言発した。  「何で千賀なん?」

本文:1,041文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込55
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    西日本スポーツ