Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<報国のペン>太平洋戦争、そのとき新聞は 書けなかった、書かなかった「事実」 戦争と西日本新聞(1)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
西日本新聞
<報国のペン>太平洋戦争、そのとき新聞は 書けなかった、書かなかった「事実」 戦争と西日本新聞(1)

1944年6月17日の西日本新聞戦時版から

 先の戦争にペンで加担した「報国報道」は、西日本新聞も例外ではなかった。当時を振り返り、これからの報道にどう向き合うべきか、考える糧としたい。  ※この記事は2015年に掲載したもので、年齢などは当時のものです。    ■   ■   ■  書きぶりはすこぶる勇ましい。〈日頃の訓練の腕前ふるって見事に撃退、緒戦必勝の凱歌(がいか)をあげた〉。1944年6月17日付の西日本新聞朝刊は、1面トップで後に「八幡空襲」と称されるニュースを報じた。  米軍のB29による初めての本土空襲だった。50機近い大型爆撃機が現在の北九州市に飛来、西日本最大の兵器工場だった小倉陸軍造兵廠(ぞうへいしょう)などを標的とした。  1面記事には〈我が方の損害は極めて軽微〉と見出しが付けられている。文中でも、10機を撃墜し、犠牲者は地上部隊2人のみだったことになっていた。  だが実際は-。北九州市史によると、造兵廠の女子挺身(ていしん)隊員ら約80人を含め、死者・行方不明者が257人に上ったという。決して「軽微」ではなかった。    ■    □

本文:5,621文字

写真:6
  • 日米開戦を発表する大本営。以後、大本営が許可しない戦況報道は禁じられた=1941年12月8日
  • 星野力記者の日記に残る「筆禍事件」の文字
  • 福岡日日新聞の菊竹六皷主筆(西日本新聞社史資料)
  • 玄関に掲げられる西日本新聞社の看板=1942年8月9日、福岡市・天神

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込330
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

西日本新聞

西日本新聞の有料記事

PayPay残高使えます