Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

格上撃破の出澤杏佳、“超”異質ラバー誕生秘話

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

ジュニア世代をけん引する女子選手のひとり、出澤杏佳(大成女子高校)はいつも気になる存在だ。フォア面に表ソフト、バック面に粒高の1枚ラバーという異色の取り合わせで独特なプレーを繰り出し、対戦相手を翻弄する。そのスタイルは唯一無二。 【写真】全日本ジュニア女王の出澤杏佳 とりわけ全日本卓球選手権大会での活躍は目覚ましく、2019年にジュニア初女王、一般の部でも2019、2020年と立て続けに全日本ランキング(ベスト16入り)を獲得した。格上選手にも強さを発揮することから「大物食い」「ダークホース」と呼ばれることもしばしばだ。 他に類を見ない異色のラバーの使い手は果たして、いつ、どのようにして誕生したのか? 出澤本人に加え、彼女を育てた指導者の小貫美穂子コーチにも話を聞いた。

全日本選手権で大暴れ

―全日本選手権での活躍には目を見張るものがあります。ここ2年の結果をどう捉えていますか? 出澤:去年のジュニア女子シングルスの初優勝は、いきなりいい成績を出せて自分でもびっくりしました。 でも、(4回戦=自身2戦目で敗退した)今年は去年より上の成績を出したいと力が入ったせいか少し緊張もして、試合の出足が悪くなってしまいました。自分から攻めないと勝てないのに守りに入ってしまって……。そのままズルズルと最後まで行って、ストレートで負けてしまいました。 もっと途中で切り替えて自分の流れにできれば、もうちょっといい試合ができたかなって、本当にショックでした。 ―それでも一般の部では、東京五輪代表の平野美宇選手と5回戦で対戦し、ゲームカウント4-1で勝利しました。 出澤:ジュニアの部で本当にダメな試合をしてしまって、逆に開き直ったというか。せっかく平野選手のような強い選手と試合ができるんだから、結果よりも一本一本、楽しく打とうという気持ちで、思い切ってできたのが良かったと思います。 平野選手のドライブボールは速くて回転量も多いんですけど、自分は相手の回転を利用するのが得意なので、やりやすいタイプではありました。 初対戦というのも良かったんだと思います。でも、マッチポイントまで「こんな強い人が相手なんだから、逆転されて当たり前」という感じでしたし、次に平野選手と試合をするときは対策されると思うので、また全然違うと思います。 ―出澤選手といえば異質ラバーの中でも非常に珍しいフォア表、バック粒高というラバーをお使いですが、いつからなんですか? 出澤:初めて使ったのは小学1年生の冬です。卓球は小学1年生になったと同時に始めて、最初は裏裏(フォア面、バック面ともに裏ソフトラバー)だったんです。 中学生の時に卓球をやっていたお父さんが大人になってまた趣味で卓球を始めて、2歳上の兄もやりたいと言い出したので、私も一緒にスポーツ少年団に入ることになりました。私はやりたくなかったのに、両親が習い事をするなら兄妹一緒の方が送り迎えが楽だからという理由でした。

【関連記事】

最終更新:
Rallys