Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

解雇、保険なく失業手当もゼロ、コロナ禍で見えた外国人労働者の弱さ 「本当にまた働けるのか分からない」

配信

withnews

新型コロナウイルス(coronavirus)の影響で、解雇や派遣切りといった問題が起きています。言葉がわからなかったり、日本人とは違う条件で働いていたりする外国人労働者にとっても大変な状況です。様々な労働相談を受けているNPO法人POSSE外国人労働サポートセンターの岩橋誠さん(30)といっしょに、どんな問題があるのかを考えていきます。外国人の方々にも読んでもらえるよう、分かりやすい日本語で書いています。(朝日新聞国際報道部、清水大輔) 【画像】「ふりがな付き」にしたつもりが……誰も読めない「学校再開」のお知らせ、まるで怪文書

失業給付をもらうことができない人がいます

――新型コロナウイルスについて、日本で働く外国人からの相談はありますか? 「POSSEは2006年から労働相談を受けていますが、昨年4月に外国人のための『外国人労働サポートセンター』という窓口をつくりました。今年の2月までに全部で50件ほどの相談がありましたが、3月になると約100件、4月は157件になりました。新型コロナの問題がひどくなる前は、1カ月で5件ほどだった相談が20倍以上に増えています」  ――どのような相談があるのですか? 「相談してくる外国人の80%以上は、契約社員(会社との間で仕事をする日にちや給与などを決めて働く人)や派遣社員(派遣会社から職場を紹介してもらって働く人)、アルバイトなどです。仕事の種類ごとにみると、教育89件、飲食26件、宿泊・観光21件、小売り13件、製造1件などです(4月末までに寄せられた相談のまとめ)。教育の多くは外国語教室の講師ですが、特有の問題があります」 ――どのようなものですか。 「外国語教室の従業員として働いているのに、フリーランスとして働かされている人がほとんどです。従業員であれば、けがや病気になって病院に行ったときの費用が補助される健康保険や、仕事がなくなった際に金銭的なサポートなどを受けられる雇用保険に入ることができます。これらを社会保険といいます。ただ、一部の会社は従業員を社会保険に入れずに、フリーランスとして働かせています。最低賃金(働く人を守るために少なくともこれだけの賃金は払いましょう、と定められている賃金)を払う必要がなく、すぐに解雇できると考えているようです。契約社員や派遣社員でも、社会保険に入るための条件である『1週間で30時間以上の労働』より少ない『29時間』などといった期間で契約することで、社会保険に入れないままにするケースがあります。フリーランスだったり雇用保険に入っていなかったりすると、失業給付(賃金の50~80%)をもらえません」 ――具体的な相談はどんな内容ですか。 「大手英会話学校で働くアメリカ人女性からは次のような相談がありました。『新型コロナの影響でレッスンが減ってしまい、普段であれば月18万円ほど稼げたが、3月分の給料はわずか8万円まで減ってしまった』。さらに、この学校はコロナ対策を十分にしておらず、窓がない部屋で子供4人とのレッスンを設定するなど、いわゆる「3密」状態で働くことを放置しています。本人は「持病があるので働き続けるのが怖い。でも、働かないと家賃が払えなくなる」として、自宅からのオンライン授業を認めてほしいと会社に頼みましたが、それも拒否されてしまいました。そして、いまはPOSSEが連携している労働組合「総合サポートユニオン」に加盟して、3密対策をもとめて会社と団体交渉を続けています」

【関連記事】