Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

エース・大瀬良の活躍で快勝。開幕戦で見えた2020佐々岡カープの戦いとは?

配信

週刊ベースボールONLINE

集中力が崩れなかった大瀬良

 待ちに待った、という感じだが、プロ野球が開幕した。佐々岡真司新監督の下、2年ぶりのVを目指す広島は、横浜でのDeNAとの開幕戦を、エース・大瀬良の投げて打っての大活躍で勝利。佐々岡丸は鮮やかな船出を飾った。今回は、開幕戦で垣間見えた2020佐々岡カープの戦いを振り返ってみたい。  まず、ゲームの内容以前に「ははーん、今年はやっぱりこうなるんだな」と思わせられたのが、雨の中でのゲームの強行だった。この日の横浜は雨が降り続き、去年までだったら中止になっても何の不思議もない空模様。それでも約30分スタートを遅らせ、ゲームは強行された。120試合が短い期間に詰め込まれている今季は、運営側としてもできるだけ中止は避けたいという事情があるはずで、こういったコンディションのよくない中でのゲームもこれまでより増えることが予想される。6球団中4チームの本拠地が屋外球場のセ・リーグでは、こういったコンディションへの対応の巧拙は、意外に隠れたポイントになるかもしれない。  それはさておき、この日のゲームは何と言っても2年連続開幕投手の大瀬良大地のピッチングだった。30分遅れのスタートにも、雨の中というコンディションにも、この日を目指してしっかりと調整してきた集中力は崩れなかった。もちろん、それこそ雨の中というコンディションで、序盤は制球できないボールも時にはあったが、このオフに研究したシュートや、昨季はそれほど使わなかったカーブを交え、積極的にストライクゾーンにボールを通していった。  この積極的にゾーンを通していく投球は大瀬良の持ち味だが、「甘くなったときには一発を浴びやすい」という面もあり、この日も2回に甘くなったスライダーをロペスにレフトスタンド中段に運ばれてしまったが、逆に「四球を出す可能性が低い」「球数が抑えられる」というプラス面があり、これがあとあと効いてくることになる。この日の大瀬良は、最終9回にソトになんと17球と粘られたため球数を増やしたが、8回までは無四球で、投球数83。これが完投に結びついた。ちなみに、ここまでの球数は、5回で降板したDeNA先発の今永昇太の球数92球よりも少なかったほどだ。

【関連記事】