Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

エプソンが「Slackアプリと連携したプリントサービス」提供開始

配信

Impress Watch

 エプソン販売株式会社が6月29日、「Slack」と連携したプリントサービスの提供開始を発表した。 【この記事に関する別の画像を見る】  これまで、Slack内のデータを印刷するには、データを一度ダウンロードしたあと、印刷用のアプリや端末の印刷機能を使って出力する必要があり、手間がかかっていたという。これに対してエプソンが開始したプリントサービスでは、Slack内にプリントアプリ「Epson Printer for Slack」を追加し、所有するエプソンのプリンターを登録することで、Slack上で共有されている写真や文書を簡単にプリントできるようになる。  印刷できる形式は、写真ファイルがJPEG/PNGで容量の上限が10MB、文書ファイルがPDFとMicrosoft Word/Excel/Power Pointで上限が20MB。なお、出力先のプリンターは事前に、エプソンが提供するモバイル/クラウドサービス「Epson Connect」に登録しておく必要がある。また、SlackのAndroid版にはApp追加項目がないため、別端末でEpson Printer for Slackを追加する必要があるとしている。  エプソンではこのほか、すでにLINEアプリやFacebook Messengerアプリからのプリントサービスを提供している。

INTERNET Watch,永沢 茂

【関連記事】