Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヒロミ、山下&亀梨の処分に「滝沢副社長もちゃんとやっている」 坂上忍「隠蔽するよりもイメージが全然いい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
エンタメOVO

 タレントの坂上忍とヒロミが、18日放送のテレビ番組「バイキング」(フジテレビ系)に出演した。  番組では、歌手で俳優の山下智久とKAT―TUNの亀梨和也が、未成年と飲酒していたという報道を受け、ジャニーズ事務所が公式HP上で2人に対する処分を発表したことを伝えた。  MCの坂上は、同事務所の滝沢秀明副社長と親しいヒロミに、「ジャニーズさんって最近、これまでになく『駄目なものは駄目なんだ』という姿勢を貫いているじゃないですか。あれって、タッキーが副社長になったことが関係しているんですか」と質問した。  これを受けて、ヒロミは「俺も分からないけど、ちゃんとやっているとは思う。彼はプレーヤーだったから、プレーヤーの気持ちも分かるし。だけど、今のご時世、世の中の動きも絶対だし、っていうのは、ジャニーズ事務所としても多分(考えている)」とコメント。  ジャニーズ事務所が発表した公式HPの文面についても触れ、「昔だったらあんなに長いコメントは出ていない。今はいろんなときに長い文章が出てくるのも、ちゃんと対応しているし、世代的には滝沢の世代だから、若い子ならともかく、エース級がやったときに処分をくだすのは、ちゃんとやらないと駄目だと、彼は思っていると思う」と語った。  坂上も現在のジャニーズ事務所の対応について、「処分するときはちゃんとして、オープンにする方が、後々、隠蔽(いんぺい)だということよりも、イメージが全然いいと思う。その処分が終わったら次、同じ間違いを起こさないように頑張ってねっていうことだよね」と話した。

【関連記事】