Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「プロテイン=マッチョの飲み物」はもう古い! 実はダイエットに効果的!? 理由を医師が解説

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FASHION BOX

プロテインは、ハードなトレーニングを行うアスリートやボディビルダーのためのものだと思っていませんか? その認識は、もう古いかもしれません。たんぱく質を効率よく吸収できるプロテインは、美容とダイエットの頼もしい味方となります。その理由をよこはま土田メディカルクリニック院長の土田隆先生が教えてくれました。

たんぱく質の摂取効率を上げるプロテイン

これまで、アスリートやスポーツジムに通うマッチョな体型の人たちが摂取するものというイメージが強かったプロテイン。プロテインは英語でたんぱく質という意味を持つ言葉ですが、日本ではたんぱく質をたくさん含んだパウダーやドリンクなどの栄養補助食品のことをプロテインと呼んでいます。 そのプロテインに含まれるたんぱく質は、三大栄養素のひとつとされ、筋肉や血液、髪や爪、ホルモン、骨などを作る成分で、人間の身体を作るために必須の構成要素とされています。そもそも、なぜボディビルダーやアスリートたちがプロテインを摂取しているのでしょうか? 誰もが思うように、たんぱく質は通常の食事から摂るのが理想ですよね。 しかし、1日に必要なたんぱく質の量は年齢や性別、運動習慣などでも変わってくるのです。例えば、毎日ハードな筋肉トレーニングを行うボディビルダーやアスリートたちの場合、1日に体重1kgあたり2gのたんぱく質を摂ることが理想とされています。その場合、肉や魚、卵や大豆などを大量に食べなければなりません。 牛のサーロインステーキ200gで約33g前後のたんぱく質が摂れますが、仮に1日に120gのたんぱく質が必要な場合、牛のサーロインステーキを800g近く食べなければその数値はクリアできません。800gのステーキといえばボリュームもさることながら、同時に大量の脂質やカロリーを摂取することに……! これでは、いくらたんぱく質をしっかり摂れても身体にいいわけないですよね。 そこで、ボディビルダーやアスリートたちは、高たんぱくでありながら脂質や糖質がカットされており、筋肉の材料であるたんぱく質を効率よく補給できるプロテインを愛用しているのです! 運動をあまりしない人たちは、そこまでプロテインを摂る必要はありませんが、最近では美容のためにプロテインを摂る人たちも増えています。 その理由は、プロテインはダイエットに最適なアイテムのひとつだから! <ハードなトレーニングを行う場合に必要なたんぱく質量> 例:1日120gのたんぱく質が必要な場合 牛サーロインステーキ(輸入牛・脂身付き)約800g分 含まれる脂質は……200g程度 カロリーは約2400kcal ↓ たんぱく質と同時にカロリーと脂肪を大量摂取! 出典:日本食品標準成分表2015年版(十訂)追補2019年

【関連記事】