Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アニメキャラと声優は“人種を揃える”がスタンダードに? 差別問題の波及に『ラブひな』赤松健氏「過去作品の削除に繋がると不安」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 アメリカで議論が続く人種差別問題が思わぬところまで波及している。  CNNによると、アメリカの長寿アニメ『ザ・シンプソンズ』が、白人以外のキャラクターの声に白人俳優を起用しないと決定。また、AppleTV+の『セントラル・パーク』では、黒人と白人の両親を持つ子ども役を演じてきたクリステン・ベルの降板をプロデューサーが発表するなど、白人の声優が異なる人種の声を担当することへの変化が出始めている。 【映像】アメリカのアニメ業界に変化

 アメリカのアニメ業界で何が起きているのか。映画ジャーナリストの斎藤博昭氏に聞いた。  「実写映画もアニメもここ10年くらい、“いろんな人種を出そう”とか“セクシャリティーも多様性に富ませよう”とか、意識的にバラエティーに富んだ登場人物にさせているところはある。問題が起こる前に自分たちから改善しようという意識が、この人種問題の一連の流れから発生している」(斎藤氏)  そもそもなぜ、作品に登場するキャラクターの人種に合わせた声優にすべきだという考えが広まっているのか。Netflixの人気アニメ『ボージャック・ホースマン』で、ベトナム系アメリカ人「ダイアン」を演じたアリソン・ブリーは、Instagramでこう振り返っている。

 「今さらですが、ダイアンの声を担当しなければよかったです。特定の人種のキャラクターは、その人種の人の声が当てられるべきだと、今は理解できますから。ベトナム系アメリカ人社会の人たちの貴重なチャンスを奪ってしまったことを、心から謝りたいです」  斎藤氏は、声優に対する日本とアメリカの意識の違いについて次のように話す。  「日本人からすると、そこまでこだわるなんてバカみたいというのはすごく多い。逆にアメリカ人の場合、“このアニメのキャラクターに誰の声を当てているか”という日本人の声優文化みたいなものはなく、ベトナム人のキャラクターだったら、スターが(声を)あてなくてもベトナム人の俳優もいっぱいいるので、“じゃあそっちの方がいいんじゃない”といった感覚があると思う。キャラクターに合った声ではなく、それよりももっと“誰でもいい”という感覚で、コンプライアンスが正しい方が良いのではないかという考えが一般的なのではないか」(斎藤氏)  では、登場するキャラクターの人種に声優も合わせるという流れは、日本の作品にも影響するのだろうか。  「日本という世界観をそのままアメリカで映画化する場合は、やはり日系人とかアジア系のキャストを絶対に使わなければいけないという縛りは出てくると思う。ただ、日本のアニメの吹き替え版をやる時は、全部を日系人のキャストでできるかというと絶対に無理だと思う。ここまで過剰な反応があるということは、そういう問題も今後出てくる可能性はある」(斎藤氏)

【関連記事】