Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

久保田紗友、菜々緒に続く“悪女”ポジション確立 嫌われ役は若手女優のチャレンジ枠へと変化

配信

オリコン

 正統派美女でありながら、クールな強さが印象的な若手女優・久保田紗友。話題のドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)で、主人公アユをおとしめていじめるレッスンメート・玉木理沙役で、性悪女の風格を漂わせるイビリ役を好演。若干20歳にして若手悪女役ポジションを確立している。大渋滞中の同年代の若手女優のなかでも一歩抜きん出ている実力派の彼女が、菜々緒に続く“悪女枠”の新星として期待を一身に集めている。 【画像】悪女対決!?田中みな実と対峙する久保田紗友 ■『M』でのイビリ役、アクの強い個性派のなかで残した強烈なインパクト  4月期の数少ないドラマのなかで異彩を放っていた若手女優が、クールビューティ・久保田紗友。『M 愛すべき人がいて』で見せる演技は、SNSを「すごく綺麗で演技もうまい。スター性がある」「次作に期待するファン多いはず」などとざわつかせているのだ。  久保田紗友が演じる理沙は、アユと高校の同級生の友人であり、第1話では、芸能界での成功を夢見る、同じ目標を持って意気投合する仲間として描かれる。しかし、第2話から一転。プロデューサーのマサ(三浦翔平)がアユに入れ込んでいく様を目の当たりにすると、徐々に敵意をむき出しに。歌手デビューを競うライバル心から激しい嫌がらせをするようになる。  石けんを床に塗りたくった浴室で転倒させたり、アユが書いた詞を「あなたのセンス、マイナス200点」とこき下ろしたり、アユの頭からオレンジジュースを浴びせるといった激しいイジメを繰り広げた。また、所属するガールズグループのプロデューサー・流川翔(白濱亜嵐)と寝るなど、アユを蹴落とすためには自身が汚れることもいとわない。  そんな徹底した悪女役が、インタビューで自身の特徴を「自分の強みは度胸があるところ」とする久保田紗友の演技力とビジュアルの強さがハマり、古典的なイジメてんこ盛り演出の妙と相まって強烈な破壊力となり、視聴者に強烈なインパクトを与えた。アクの強い個性的なキャラクターが多く登場する同作のなかでも、周囲にまったく引けを取らない際立った存在感を放っている。

【関連記事】