Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

WTO、事務局長代行選定できず 合意不成立、トップ不在2カ月

配信

共同通信

 【ジュネーブ共同】世界貿易機関(WTO)の一般理事会は31日、アゼベド事務局長が8月末で退任した後の事務局長代行の選出を協議したが、合意に至らなかった。事務次長4人から選出することになっていたが、11月上旬に新事務局長が選ばれるまで、約2カ月にわたりトップ不在の事態が続くことになった。  WTOは29日に、日本の韓国に対する半導体材料の輸出規制強化を巡り、「一審」に相当する紛争処理小委員会(パネル)を設置。パネルを構成する専門家3人の選定作業中だが、日韓両国がメンバーに合意できなければ事務局長が選出することになっており、影響が出る可能性もある。

【関連記事】