Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「お姉ちゃんにプレゼントしてもらった一輪車に乗れるようになりたい」負けず嫌いの10歳少女が猛練習!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CBCテレビ

毎週月~金曜日の夕方にCBCテレビで放送している情報番組【チャント!】。

毎週水曜日の人気コーナー『全力!お助けちゃん』では毎回、何事にも全力で取り組むBOYS AND MENの平松賢人が視聴者の方から寄せられたお悩みをサポートしています。

今回は、「誕生日に年の離れたお姉ちゃんにプレゼントしてもらった一輪車に乗れるようになりたい」というNちゃん(10歳)からのご依頼です。

これまで3回ほど練習したそうですが、上手に乗れずに諦めモード…。今の実力を見せてもらうと、お母さんにしっかりつかまって一輪車にまたがるのが精一杯で、支えがないと倒れてしまいそうな状態です。

そんなNちゃんに一輪車を教えてくれる助っ人は、名古屋市を中心に子どもたちに一輪車の魅力を広める活動をしている、日本一輪車協会認定員の川嶋亨さんと、娘の怜亜さん。

怜亜さんは今年1月に開催された大阪演技大会・中級者部門で優勝した実力者です。 川嶋先生曰く、一輪車に乗ると体幹が強くなるのでトレーニングに取り入れるスポーツ選手もいるそうです。また集中力が高まるので、勉強にも集中できる効果が期待できるのでは?とのこと。 まずは、一輪車の正しい調整をしていきます。

≪調整1:サドルはおへその位置に合わせる≫

かなり高く感じますが、おへその位置にすると乗った時にペダルが漕ぎやすくなります。

≪調整2:タイヤの空気調整をする≫

空気が少ないとタイヤと地面の摩擦が大きくなり、ペダルが漕ぎにくくなってしまいます。空気はしっかり入れておきましょう。 続いては実践。正しい乗り方を教わります。

≪乗り方1:先に乗せる足は、地面と近い方のペダルに≫

地面に近い方のペダルに先に足を乗せることで、タイヤが回ることなく安定して乗ることができます。

≪乗り方2:姿勢は背筋を伸ばすこと≫

恐怖感を持つと、目線は下向きになり姿勢は猫背になりがち。一輪車に乗る時は、背筋をピンと伸ばすことで重心が安定してバランスを取ることができます。

≪乗り方3:サドルにしっかりとお尻をつける≫

サドルからお尻が浮いてしまうと重心がずれてバランスが乱れてしまいます。サドルにお尻をしっかりつけることを意識しましょう。 もう一つ重要なのが一輪車の降り方。

【関連記事】