Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米空母レーガン横須賀基地出港 乗員のコロナ懸念も

配信

カナロコ by 神奈川新聞

 在日米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に配備されている原子力空母ロナルド・レーガンが21日午前10時ごろ、同基地を出港した。  周辺海域の警戒任務に当たる長期航海で西太平洋地域に展開する見通し。米軍では、太平洋を拠点とする原子力空母セオドア・ルーズベルトで新型コロナウイルスの集団感染が発生するなど、即応態勢への影響が懸念されていた。  R・レーガンを巡っては、乗員15人前後が新型コロナウイルスに感染との複数の米メディア報道もあり、市民団体からは出港を懸念する声も上がっている。  R・レーガンは今月5~15日に短期間の試験航海を実施。岩国基地(山口県岩国市)配備の艦載機部隊は6月10日まで、硫黄島(東京都)で陸上空母離着陸訓練(FCLP)を実施している。

神奈川新聞社

【関連記事】