Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

1990年代の貧乏チューン! 若かりし頃の「走り屋スタイル」を振り返る

配信

Auto Messe Web

金がなかった故の苦心メニューも多数

 クルマのチューニングが今のように一般的じゃなく、アウトローな雰囲気すら漂っていた1990年代。当時の走り屋には『お約束』だったカスタムやグッズを、昔を懐かしみつつ紹介したい。流行は繰り返すというけれど、コレらも再び日の目を見る未来がやって来るかもしれない。 ハンドル交換も走り屋の定番スタイル【画像】  1990年代の走り屋カルチャーを体験した人で、大多数が思い出すであろう「パーソナル無線」。本来は車内に無線機の本体を取り付けて、仲間どうしの連絡などに使うものだけど、ルーフにアンテナだけを載せたクルマが大量にいた。  その理由としてはアンテナだけならば先輩や仲間から安く、場合によってはタダでもらえたこと、そして無線を使うには免許が必要だったことが挙げられる。もっとも無免許で使っている人も少なからず存在しており、峠などにパトカーがやって来たときの連絡や、どの道路で検問をやっているなんて情報のやり取りにも使われた。余談だが現在、パーソナル無線は法令から規定が削除され、新規開設や免許の再交付ができなくなっている。

数十円でできたオーバーヒート対策

 外装でいえばボンネットの後端を少し浮かすスタイルも定番。ボンネットを固定するボルトにワッシャーを何枚か挟む方法で、エンジンルームの熱を逃すというもっともな理由が付けられたものの、筆者を含め「何となくカッコいい」とマネしていた人も多いに違いない。  ただしワッシャーの枚数が増えるほど、ボンネットを固定するボルトの噛み込みは浅くなる。事故でボンネットが外れ、ガラスを突き破って大ケガしたなんてウワサ話もささやかれ、浮かせるときは長めのボルトを使うのがセオリーだった。

お金をかけずに“GTカー風“を気取る

 レーシングカーを真似てワイパーを片側だけにする、通称『ワンアームワイパー』も一世を風靡した。限界までに空気抵抗の軽減や軽量化を目指すレーシングカーならではのカスタムで、シビックやスターレットといったライトウェイトでは特に流行ったと記憶している。  当然ながら拭き取り面積は狭くなり、あくまでも見た目だけの自己満足なメニュー。とはいえ、純正ワイパーを外すだけという手軽さもあり、ガソリン代やタイヤ代に苦しむ走り屋にウケた。

【関連記事】