Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大谷翔平が出場!2012年選抜に出場した花巻東ナインのその後は?

配信

高校野球ドットコム

 夏の甲子園、今春開催予定だった選抜大会の代替大会が続々と決定するなど、ようやく高校野球界にとって明るい話題が湧き上がっている。そこで、ここではこれまで甲子園を盛り上げたチームと選手を振り返り、彼らのその後を追っていく。 【写真】U18日本代表での大谷翔平(エンゼルス)  今回は2012年春、大谷 翔平を擁し選抜出場を果たした花巻東ナインのその後を紹介する。 1 大谷 翔平 3年(北海道日本ハム-エンゼルス)2012年1位 2 佐々木 隆貴 3年(日本大) 3 高橋 翔飛 3年(トヨタ自動車東日本) 4 大澤 永貴 3年(筑波大-トヨタ自動車東日本) 5 後藤 湧大 3年(青森大) 6 太田 知将 3年(東海大) 7 大向 優司 3年(愛知学泉大) 8 岸里 亮佑 2年(北海道日本ハム-琉球ブルーオーシャンズ)2013年7位 9 田中 大樹 3年(同志社大) 10 小原 大樹 3年(慶應大-日本製紙石巻-徳島インディゴソックス) 11 佐々木 毅 3年(神奈川大-タンガロイ) 12 木村 隼 3年(富士大<準硬式>) 13 高橋 恒 3年(青森大-福島ホープス) 14 千葉 峻太 3年(関東学院大) 15 山根 大幸 3年(東海大北海道-日本生命) 16 皆川 清司 3年(国士舘大<準硬式>) 17 古水 将寛 3年(盛岡大) 18 泉沢 直樹 2年(神奈川大-信越硬式野球クラブ) 19 鹿糠 俊輝 2年(関東学院大) 20 山下 駿人 2年(國學院大) 21 小向 宏樹 3年(盛岡大) 22 中里 優介 2年(トヨタ自動車東日本)  大谷 翔平の他に、岸里 亮佑がNPB入りを果たす。岸里は3年時には背番号1を付けたが、主に3番・左翼手で試合に出場。大谷の1年後に北海道日本ハムに7位指名を受けプロ入りを果たした。1年目の2014年にはイ・リーグ全試合出場を果たし、打率.248、3本塁打、13盗塁を記録。2018年にはU23日本代表を経験するも、その後2年間一軍出場はなく、2019年オフに戦力外通告を受ける。同年12月に新設・琉球ブルーオーシャンズへの入団が決まり、今季から新天地・沖縄でNPB復帰を目指す。   そして大谷の2番手として活躍した左腕・小原 大樹は慶應大を経て日本製紙石巻に進む。3年間プレーした昨シーズンオフに、メジャー挑戦を決意し退社。渡米してトライアウトを受験するも、新型コロナウイルス感染拡大の影響で緊急帰国し、6月13日に徳島インディゴソックスと契約を決め、独立リーグから大谷の背中を追う。  大谷の兄・龍太が所属するトヨタ自動車東日本に進んだ高橋 翔飛、大澤 永貴、中里 優介は現在もプレー。主に4番手として登板した山根 大幸は東海大北海道を経て、日本生命に入社。2018年には日本選手権、2019年には都市対抗で登板し、二大大会を経験し今年1月に引退を表明した。  高校野球引退後もそれぞれの舞台で活躍を続ける2012年の花巻東ナインたち。これからの活躍にも注目していきたい。 ※記事の掲載者、掲載者の現所属、記録の事実につきましては報道各社発表の新聞記事、各野球連盟が発表する大会記録、各チームの所属調査、関係者取材により確認ができたものより掲載をしております。そのため、この情報が全ての情報ではなく、情報の一部となりますことご了承ください。

【関連記事】