Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

結木滉星、「危険なビーナス」でミステリアスな執事役に!「1つでも多く吸収したい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

俳優の結木滉星が、10月スタートの日曜劇場「危険なビーナス」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)に出演する。役どころは、物語の舞台・矢神家のミステリアスな使用人兼執事の君津光。結木は演じるにあたり「ベテランの方々が多い現場なので1つでも多く吸収していきたいと思っています」と意気込みを口にする。 【写真を見る】「カルピスウォーター」のCMで爽やかな先輩役を好演する結木滉星 ■ “ルパパト”パトレン1号で注目 「危険なビーナス」は、主人公で正義感の強い獣医・手島伯朗(妻夫木聡)が弟の失踪事件をきっかけに、30億円におよぶ遺産を巡る謎に挑む壮大なラブサスペンス。原作は、多くのベストセラーを生み出す東野圭吾の同名小説。伯朗の前に“弟の妻”を名乗って突然現れる謎めいたヒロイン・矢神楓を吉高由里子が務める。 そんな同作で、結木が演じるのは巨額の遺産を有する矢神家の使用人で執事・君津光。現当主の妹で矢神家の遺産を管理する波恵(戸田恵子)の指示で、裏で楓の素性を探っている。常に無表情で、本心を見せない青年だ。 結木は2012年にデビュー後、テレビドラマや舞台などで活躍する注目俳優。 2018年、スーパー戦隊シリーズの第42作「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日系)の朝加圭一郎/パトレン1号役でドラマ初主演。2020年は、AbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」主人公の幼なじみ・石川伊織役を好演。雑誌「smart」の専属モデルとして活躍するほか、永野芽郁と共演する「カルピスウォーター」のCMも好評だ。 「危険なビーナス」出演に当たり、結木は「僕は昔から東野圭吾さんの作品が大好きなので、こうして携わることが出来て嬉しいです」と喜びをコメント。 「僕が演じる役は原作にはないオリジナルのキャラということもあって原作ファンの方々を裏切らないようにそして原作を超える想いで取り組んでいます」と意気込む。伝統の枠「日曜劇場」で新たな役柄に挑む結木にも注目したい。 ■ 結木滉星「原作を超える想いで…」 矢神家の使用人で執事の君津光を演じさせて頂きます結木滉星です。 僕は昔から東野圭吾さんの作品が大好きなので、こうして携わることが出来て嬉しいです。 僕が演じる役は原作にはないオリジナルのキャラということもあって原作ファンの方々を裏切らないようにそして原作を超える想いで取り組んでいます。 この作品の一部として君津光という役を全うしたいと思っています。 僕の役どころはすごくミステリアスで謎の多い人物なので、この物語の中にどう関わっていくのか楽しみにして頂きたいです。 ベテランの方々が多い現場なので1つでも多く吸収していきたいと思っています。 日曜劇場「危険なビーナス」是非ご覧ください。よろしくお願いします! (ザテレビジョン)

【関連記事】