Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『海辺の映画館―キネマの玉手箱』映画は未来を変えられる

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニッポン放送

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第876回】 シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。 今回は、7月31日に公開された『海辺の映画館―キネマの玉手箱』をご紹介します。

2020年4月10日、この世から旅立った日本映画界の巨匠・大林宣彦監督。新型コロナウイルスという未曾有の危機がなければ、最新作『海辺の映画館―キネマの玉手箱』の劇場公開初日となる日でした。 2016年にステージ4の肺がんと診断され、余命宣告を受けながらも、自らの命を吹き込むように映画をつくり続けた大林監督の、惜しくも遺作となってしまった本作が、ついに映画館にお目見えしました。

尾道の海辺にある唯一の映画館“瀬戸内キネマ”が閉館を迎えた。嵐の夜となった最終日のプログラムは、「日本の戦争映画大特集」というオールナイト上映。 映画を観ていた毬男、鳳介、茂は、突然劇場を襲った稲妻の閃光に包まれ、スクリーンの世界にタイムリープする。彼らが旅したのは、江戸時代から、乱世の幕末、戊辰戦争、日中戦争、太平洋戦争の沖縄……と、戦争映画の世界。 そして映画のなかで出会った希子、一美、和子ら無垢なヒロインたちが、戦争の犠牲となって行く姿を目の当たりにし……。

大林宣彦監督が20年ぶりに故郷・尾道で撮影した本作。戦争の歴史を辿りながら、無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルとさまざまな映像表現を交え、ストーリーが展開して行きます。 映画が持つ可能性を最大限に詰め込んだファンタジックな世界観は、まるで大林監督の頭のなかを覗き見したかのよう。 それと同時に、生きることの大切さや、大林監督が生涯を通じて訴え続けた戦争の不毛さがダイナミックに描かれており、これぞ集大成と呼ぶにふさわしい1作となっています。

【関連記事】