Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高校野球岡山代替大会は真剣勝負だ 監督会議で確認 3年生の記念試合にしない

配信

デイリースポーツ

 岡山県の高校の野球部監督による臨時の監督会議が24日、岡山市内の岡山城東高校で開催された。夏の甲子園と地方大会中止を受け、21日に岡山県高野連が独自の代替大会開催の意向を示した中、この日は開催が決定した場合、公式戦として真剣勝負を行う方向性が確認された。  同高野連の意向を踏まえ、急きょ岡山県内59校の野球部のうち55校の監督が集合。異例の臨時会議では「3年生のために」というテーマで、グループディスカッションも交え、大会運営などについて2時間を超える議論が繰り広げられた。すべては球児のためだ。  この日は現場の意見を高野連に届けるのが目的のため、細かな提案内容などは不明。ただ、会の最後には改めて、開催されれば「いつも通り真剣な戦いをしよう」といった声が上がり、出席した監督らも賛同。球児のための真剣勝負に向け、思いを一つにしていた。  創志学園・長沢宏行監督は「最後は真剣にやるということでいいんじゃないですかね」と前向き。会議の冒頭に出席した同高野連・多田一也会長は「先生方の思い、生徒の思いをできるだけくみ、独自の大会を実施できるように意見をいただき、可能な限りいい形で実施したい」と話した。現場の声も取り入れ、6月4日の運営委員会で協議していく。

【関連記事】