Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

渋谷カルチャー発信拠点『VUENOS』含む3店舗が閉店へ「何とかclubasiaだけでも残したい」

配信

エキサイトニュース

新型コロナウイルス感染症拡大による営業自粛に伴い、数々の店舗が経営難に陥っている。ライブハウスやクラブハウスもそのひとつ。先日、渋谷の「clubasia」などを運営するカルチャー・オブ・エイジアは、「VUENOS」「Glad」「LOUNGE NEO」の系列3店舗を5月31日をもって営業終了することを発表した。系列3店舗と同様に存続の危機となっているclubasiaを渋谷に残すため、5月1日より存続支援を募るクラウドファンディングを実施している。 同社の社員であり、LIVE TIME主任を務める田中氏にメールインタビューを実施。3店舗の閉店に至るまで、そしてclubasia存続への思いを伺った。 ーーいつ頃から各店舗の営業停止をしていたんでしょうか? 3月27日からになります。 ーーライブハウスやクラブハウスは当初、3密の場所になりうる一つとしてあげられました。名指しにされたことによる影響はどのような形で出てきましたか? 街に人が減り、集客減少していき、イベント出演者の辞退も増えていきました。また、一般の方より匿名での中止勧告メール等もありました。 ーーイベント中止はいつ頃からだったんでしょうか? 3月6日以降になります。 ーー緊急事態宣言後に営業体制が変わったことはありましたか? 集客営業ができないため、無観客配信営業を数件行いました。 ーー営業停止後、どれくらいの数のイベントが控えていたのでしょうか。 ライブイベントは110件、クラブイベントは50件ほどになります。 ーー営業停止から終了まで、どのような流れがあったのでしょうか? 2月: 大阪ライブハウスでのクラスター報道より、我が身と捉え、主催側は注意喚起のもと最低ラインの対策を講じ営業継続しておりました。 3月: さらに対策を強化し営業継続するもイベント開催は3割減になりました。3月25日の都知事によるライブハウス自粛要請より、3月27日以降は自粛となりました。 4月: 4月12日までの自粛要請に応じましたが、4月7日の政府の緊急事態宣言を受け、さらに5月7日までの自粛で現在に至ります。 ーー営業終了の発表後、SNSでは悲しみの声が多くあがっています。どのように受け止められていますか? 歴代の思いを目の当たりにし、非常に有り難く感謝をする反面、 守りきれなかったことに自責の念を感じざるをえません。

【関連記事】