Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ホンダらしさがとても「e」!!! ピカピカの新鋭 ホンダeを徹底解剖!!!! 

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ベストカーWeb

    2020年8月27日に発表されるや、第1期の販売予定台数を完売してしまった新型車ホンダe。ホンダ初の量産型EVとして、まずは上々のスタートを切ったと言っていいだろう。 【画像ギャラリー】あたらしいけど、どこかなつかしい。約30枚の画像でホンダeの魅力を余すところなく紹介!!!    販売再開のアナウンスが待ち遠しい人もいるかもしれないが、ここでは8月5日の発表会の様子から、ベストカー編集部イチ楽しいクルマが大好きなウメキがレポート!!! あらためてホンダeの魅力を目一杯ご紹介してみたい。  ※本稿は2020年8月のものです。なお、記載されているホンダeの価格は遠藤 徹氏の調査による独自の情報です 文・写真:ベストカー編集部/撮影:平野 学 初出:『ベストカー』 2020年9月26日号

■RRで前後重量配分50対50のパッケージ

    全長は3895mm、ホイールベースは2530mmというHonda e。見てのとおり前後オーバーハングはぎりぎりまで詰められている。   車重は1514kgで、前後重量配分は50対50。これは重量の大きいモーターをリアアクスル後方に搭載するRRとしたことが大きく寄与しており、やはり重量の大きいバッテリーをホイールベース内のフロア下に配置し、フロントフード内には充電システムなどを搭載することで、低重心化と理想的な前後重量配分を実現することができたのだ。   全幅は1750mm、全高は1512mm(各数字は欧州仕様のもの)。

■バッテリーは35.5kWhで航続距離は283km(WLTCモード)

    フロア下に搭載されるリチウムイオンバッテリーは35.5kWhの容量で、パナソニックとの共同開発。   充放電効率を高めた新設計で、ドライバーのアクセル操作にレスポンスよく最大トルクを引き出せる。   航続距離は割り切ったとはいえ、WLTCモードで283kmを実現! 

■最大トルク32.1kgmのモーター

    リアアクスル後方に搭載されるモーターはアコードハイブリッドの駆動用モーターと同じもの。   最高出力は標準仕様の100kW(136ps)と「Advance」グレードの113kW(154ps)仕様が設定されるが、最大トルクは315Nm(32.1kgm)で共通。シングルペダルコントロールも可能。   回生時、必要に応じて前輪のメカブレーキを統合制御しスタビリティを確保。

【関連記事】