Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヨルシカ、新アルバム『盗作』リリース決定 「音楽の盗作をする男」を主人公に

配信

KAI-YOU.net

音楽ユニット/ロックバンド・ヨルシカが、3rdアルバム『盗作』をリリースすることを発表した。 【画像】物語を補足する小説も収録 発売日は7月29日(水)。これまでも物語を重視した作品を展開してきたヨルシカだが、今回は「音楽の盗作をする男」を主人公とした男の“破壊衝動”を形にした全14曲を収録するという。 ジャケットデザインはアートディレクター・永戸鉄也さんが手掛けているほか、ヨルシカのオフィシャルYouTubeチャンネルでは『盗作』ティザートレーラーも公開。 ジャケットや映像からも、アルバムの世界観を垣間見ることができる。

ヨルシカとは?

ヨルシカは、n-bunaさんとsuisさんから成る音楽ユニット。2017年より活動開始。 ボーカロイドの作曲家としても名を馳せていたn-bunaさんがコンポーザー、中心人物となり結成。疾走感と抒情性の溢れる音楽やMVによって常に話題を呼んでいる。 中でもストーリー性を持つコンセプチュアルな作品の数々は高い評価を受けている。 1stフルアルバム『だから僕は音楽を辞めた』は、音楽を辞めた「青年」が「エルマ」に向けてつくった楽曲を収録した作品で、リスナーは物語とともにヨルシカの音楽を楽しむことができる作品に仕上がっていた。 続く2ndフルアルバム『エルマ』では、「青年」から音楽や手紙を受け取った「エルマ」が、その贈りものから影響を受けてつくった楽曲が収録されている“続編”的な作品として発表されている。 6月18日よりNetflixで公開される映画『泣きたい私は猫をかぶる』に、主題歌として「花に亡霊」、挿入歌として「夜行」を提供するなど、近年さらに多岐に渡る活動を行っている。

音楽や映像だけでなく、小説も収録

初回生産限定盤は、約130Pの小説「盗作」を含めた書籍型の装丁となっており、盗作家の男の独白インタビューと、彼が出会った少年との交流の様子が描かれる。 また、少年が弾いた「月光ソナタ」を収録したカセットテープが付属される。前作に続きアルバムのコンセプトをリアルに体験できるヨルシカならではの商品仕様となっている。 なお、UNIVERSAL MUSIC STOREでは初回生産限定盤にカセットテーププレーヤーをセットにした数量限定セットが6月5日(金)18時より先着販売。アルバム『盗作』の特設サイトも公開されており、CDショップ購入特典等が発表されている。

米村 智水

【関連記事】