Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【パ・リーグ】2019年ポジション別OPSを比較~Bクラス編~

配信

Baseball Geeks

昨シーズン、パ・リーグをAクラスで終えた西武、ソフトバンク、楽天。西武は捕手の森を中心に超攻撃型打線であること、ソフトバンクは外国人選手を中心に得点を生み出していること、楽天は正捕手の成長が課題であることがわかった。 今回は、Bクラスのロッテ、日本ハム、オリックスの特徴をみていく。

得失点からみるパ・リーグBクラスの特徴

まずは、昨シーズンのパ・リーグの平均得失点状況について整理する(表)。 4位のロッテは平均得点がリーグ2位と高い得点を記録しているが上位チームと比較すると失点が多かった。5位の日本ハムは失点こそ少ないものの、得点力の低さが課題。最下位のオリックスは平均得失点差が最も大きいという望ましくない結果であった。

ロッテ:不動の選手の台頭が課題

さて、ここからポジション別OPSとスタメン割合(そのポジションで最も多く出場した選手の出場割合)から各球団の特徴を探っていく。 ロッテは、一塁手・三塁手・外野手のOPSがリーグ平均よりも高かった。鈴木、井上、角中、荻野、レアードらの得点への貢献度が高く、バランスの取れた打線であった(表)。 しかし、主力であった鈴木が移籍。チームにとってのダメージは大きい。ソフトバンクから移籍してきた福田は打力に定評があり、複数のポジションを守れる。穴を埋める存在になることを期待したい。

また、100試合でマスクをかぶった田村が「打てる捕手」として成長できるかも重要である。昨シーズンのロッテは1つのポジションでフルイニング出場した選手はおらず、「不動」と呼べる選手の台頭に期待したい(表)。

日本ハム:全体的なOPSの底上げが重要

日本ハムは、中堅手のOPSがリーグ2位、右翼手のOPSがリーグ1位であり、西川と大田の得点への貢献度が高かった。しかし、その他7つのポジションのOPSがリーグ平均を下回っていた(表)。 中田や近藤など、100試合以上出場している好打者たちのOPSがリーグ平均を下回っていることが、チームの得点力の低さに直結していると考えられる。

また、三塁手のOPSがチーム内でも非常に低く、ロッテに移籍したレアードの穴を埋めることができなかったことも原因だろう。巨人から移籍してきたビヤヌエバに新たな強打の三塁手としての期待がかかる。 日本ハムは生え抜き選手が多く育成力に定評がある。得点力の底上げのためにも、今後の選手育成が非常に重要となってくるだろう(表)。

【関連記事】