Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

公立のバイリンガル小学校がベルリンには18もある、日本にも欲しい!

配信

ニューズウィーク日本版

<公立なので低コスト。教育内容は普通の公立校と同じだが、代わり番こでフルに2言語を使う。日本とドイツは違うという意見もあるだろうが、日本にもこんな学校があれば面白い人材が育つのではないだろうか>

新型コロナウイルスのせいで、7月に予定されていた国際言語学オリンピック(IOL)が中止になった(ウイルスの影響を受けているのは、何も東京オリンピックだけじゃないんだぞ!)。これは国際数学オリンピックの姉妹大会で、若者が頭脳を使って競う。例えば、以下のような問題が出てくるかもしれない。 とある言語で横浜を<アルメニア語でヨコハマ>と書く。さて、次のうち熊本はどれでしょうか。 <アルメニア語1> <アルメニア語2> <アルメニア語3> 何が何だか分からないだろうけれど、そう難しい問題ではない。ヒントは、<アルメニア語でヨコハマ>もYokohama もどちらも8文字であること。文字を特定できたら先へ進めるかも(正解は本文の最後に)。 僕がIOLに注目していることには、ドイツでの経験が関係している。仕事で約6年間ベルリンに住んだ(『ダーリンは外国人 ベルリンにお引越し』という本も出している)。当然その間、連れて行った息子を小学校に通わせなくてはならない。選択肢として、日本人学校も英語のインターナショナルスクール(いわゆるインター)も普通の現地校もあったが、選んだのは、公立の「バイリンガル校」だった。 ベルリンにはこういうたぐいの小学校が、ドイツ語・英語というコンビネーション以外にも、独仏、独伊、独ロなど、18校もある。2つの教育言語を一定のレベルまで操れる子供が対象だけれど、生徒は合わせて数千人。魅力は公立で低コストであることと、その教育内容だ。普通の公立校と同じ内容だが、代わり番こでフルに2言語を使う。この制度のおかげで、わが子は家で日本語を、学校で英語とドイツ語を使い、これら3言語をそれぞれ伸ばせたし、より一層言語に興味を持つようになった。 さて、日本でこの公立バイリンガル校制度に似たようなことができるだろうか。まず現状を見てみよう。 日本のインターでは東京・調布のアメリカンスクール・イン・ジャパンが最も有名だけれど、年間の学費は280万円弱から。教育言語は英語1つだ。日本の公立小学校は以前より英語を使うようになったとはいえ、教育言語は基本的には日本語1つ。そして、コストの面でこれらの中間にある私立では、日英を中心にバイリンガル教育が試みられ始めた。称賛に値する進歩を遂げているが、ベルリンとの差は大きい。なんせこの街には、独西(スペイン語)で3校、独仏で4校もあるのだから。それも全部公立校だ。

【関連記事】