Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

出そろう「2021年ダイアリー」 テレワーク需要も。注目の5冊は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
東京バーゲンマニア

まだまだ酷暑が続いていますが、来年の手帳・ダイアリーのラインアップが出そろい始めました。

ロフトでは早くも2020年8月24日から、「2021 ダイアリー」を約2700種類展開しています。

今回はその中から、注目の5冊を紹介します。ダイアリーを買い替える人はご参考に!

この1冊で会議も完璧!

・View ビジネスダイアリー カバータイプ(いろは出版)

ビジネスコアタイムの8時~19時の間を、15分刻みで管理できるバーチカルタイプです。これまで30分刻みはありましたが、15分刻みは珍しいですよね。

使用例を見てもわかるように、電車の出発時間やちょっとした休憩タイムは、15分刻みだと分かりやすくなります。また、To Doも全部まとめて書けるので、忙しい人ほど"自分時間"が増えそうです。

そしてもうひとつ、この手帳は「収納力」にも注目です。ダイアリーにはメモ帳といえるような余白ページがほとんどない分、同サイズのノートをカバーの中に収納できます。

名刺入れやペンホルダーなど、ポケット類も豊富で、この1冊で打合せや会議もばっちり。別のノートや名刺入れを持参することも少なくなりそうです。

カラーはオフィスで使いやすい6色展開。A5変形。価格は3740円。ロフトオリジナル商品で9月中旬発売。

・ジブン手帳DAYs mini2021(コクヨ)

24時間の時間軸をページの中央に、上に日付を並べた「T字型」で予定を管理する珍しいつくりの手帳です。

中央に時間軸があることにより、左右で「テレワークの日のTo Doと家の仕事」や「自分の予定と家族の予定」といった具合に、別の内容を一覧性をもって確認することができます。

1日1ページなのですが、上部に24日分の日にち欄があるので、先の予定も1ページですぐに確認できます。

この手帳、半年に1冊という分冊仕様なので、持ち運びも重たさがなく楽ですよ。

カラーは4色。B6スリムサイズ、112枚×2冊。税別3200円です。ロフトおよび一部ストアで取り扱い。

【関連記事】