Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

土居美咲/ニクレスクが全豪に続いて初戦を突破 [フレンチ・オープン]

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テニスマガジンONLINE

 今年最後のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦9月27日~10月11日/クレーコート)の女子ダブルス1回戦で、土居美咲(ミキハウス)/モニカ・ニクレスク(ルーマニア)がイリナ・バラ(ルーマニア)/ファニ・シュトーラ(ハンガリー)を6-4 6-2で破り、初戦を突破した。試合時間は1時間13分。 フレンチ・オープン2020|トーナメント表  ニクレスクと土居のコンビは、今大会が3度目のダブルス出場。初めてペアを組んだ1月のシンセン(WTAインターナショナル/ハードコート)で2019年USオープン優勝ペアのエリース・メルテンス(ベルギー)/アーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)を倒して4強入りし、オーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)では3回戦まで勝ち進んだ。  シングルスに出場していた土居は、前日に行われた1回戦で第13シードのペトラ・マルティッチ(クロアチア)に6-7(2) 5-7で敗れていた。  土居/ニクレスクは2回戦で、第5シードのガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/エレナ・オスタペンコ(ラトビア)と対戦する。ダブロウスキー/オスタペンコは1回戦で、ザリナ・ディアス(カザフスタン)/アリナ・ラディオノワ(オーストラリア)を7-5 6-3で下しての勝ち上がり。(テニスマガジン)

【関連記事】