Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

なぜ? いつもの階段で息が苦しい! 更年期の動悸を漢方で改善|更年期の新習慣「漢方」Q&A

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

とにかくカッとなり声を荒立ててしまう、イライラした後に落ち込む、急に顔が熱くなったり、汗が止まらない、どうしてこんなに頭が痛いの?など、30~40代の「プレ更年期」や、40~50代の「更年期」の女性には、自分ではどうにもならない不調が現れるもの。 実は、その不調には漢方がよく効くことをご存知でしたか? 私の不調にも漢方が効くのか知りたい!どうすれば根本解消できるの? そんな女性たちの疑問を、漢方の専門家に全10回のシリーズで解説してもらいます。 第8回のテーマは、「動悸」です。あんしん漢方(オンラインAI漢方)の監修医である、漢方医の木村好珠先生に教えてもらいました。

1.42歳、いつもの階段上っただけなのに、心臓が苦しい

ハツミさん 42歳女性 スーパー勤務の方からご質問を頂きました。 「最近動悸が気になるようになってきました。これまで何年も上ってきたマンションの階段で、今まではなんともなかったのに、心臓がドキドキしたり息切れしたりするようになってきたんです。買い物袋を持って、3階にある自分の部屋に行くだけで一苦労・・・必死に階段を上っている私の横を、若いママがお子さんと買い物袋を持ってさっそうと階段を上っていく姿を見るとみじめな気持ちになります。今の仕事は立ち仕事で、力仕事もたまにあるので、パートを続けられるかも不安です。これは更年期と関係あるのでしょうか? それともただの運動不足?まだ42歳なので、更年期には早いのでは・・・とも思いつつ、イライラしたりすることもあって思い当たる節もあります。それとも何か他の病気なんでしょうか? 動悸を改善できる方法があれば教えてほしいです」 ご質問ありがとうございます。動悸のせいでいつも通りの生活ができなくなると、体が疲れるだけでなく、気持ちも落ち込んでしまって辛いですよね。 このような動悸は、更年期に生じる代表的な症状のひとつです。一般的に、閉経に伴って不調が起きることを更年期障害と呼びます。最近では、まだ閉経ではない年代でも、更年期障害と同じような症状に悩まされるケースが増えています。これが「プレ更年期」と呼ばれる状態です。 今回はこのような動悸の原因や改善方法についてお伝えします。

【関連記事】