Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナショックで市場混乱…個人投資家は日本株を買うべきか?

配信

幻冬舎ゴールドオンライン

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、日常生活に影響が出ている人もいるでしょう。株式市場も、もちろん大きな影響を受け「コロナショック」と呼ばれる暴落が発生しています。これまで株に興味がなかった人も、暴落を間の当たりにし投資を始めようかなと思っているかもしれません。 ※本連載では、AI技術を用いた株価予測ソフトを開発する、株式会社ソーシャルインベストメントでトレーダーとして活躍する川合一啓氏が、個人投資家が株式市場で勝ち続けていくための極意について説明していきます。

コロナショックで株価は暴落したが…

新型コロナウイルスという言葉がニュースに出始めたころは、日本にはあまり影響がないだろうと思っていた人も多かったことでしょう。しかし、徐々に感染に増え始め株価も大きく下がりました。 日経平均のチャートを確認してみると、2020年1月の時点では、感染はそれほど広がらないとみられていたために、株価は影響を受けていませんでしたが、3月に入って急激に下がっているのが、はっきりと見てとれます。1月の株価が24,000円前後だったところから17,000円を切るところまで行き、暴落したと大騒ぎになったわけです。 現在は2万円台に回復していますが、先行き不透明感は拭えません。株価が下がれば、これまで割高感があり手が出せなかった株にも手が届くようになります。また、医療関係やテレワークの影響を受け、業績が上がる企業もあるでしょう。こうした株を仕込みたいと考える投資家も多くいます。

コロナショックのなかで、割安感のある株は?

自粛要請もあり、旅行業界は大きな痛手を受けています。 ANAホールディングス【9202】やエイチ・アイ・エス【9603】などの株価はその代表的なものといえるでしょう。 ANAホールディングスは、おなじみの全日空です。国内線はもちろん、国際線も数多く就航させていますが、現在かなりの減便となっていることから、しばらくは厳しい状況が続くでしょう。 今回のコロナショックで1,000円以上も値を下げましたが、新型コロナウイルスの治療薬が開発され、自粛制限が必要なくなれば人の往来は再開されます。それまで乗り切れれば、以前のような株価に戻ることも期待できるでしょう。 エイチ・アイ・エスも国内外の旅行が激減していることを受け、2,000円近く値を下げました。ANAホールディングス同様、こうした旅行関連株は、コロナ収束後に生き残れていれば株価が反騰する可能性があるでしょう。 また、メガバンクの株価も下がっています。株価として購入しやすいのが、みずほフィナンシャルグループ【8411】です。コロナショック後、2020年3月13日に108円をつけています。1株200円前後、100株20,000円で購入できて配当金も出ることから、5万円以下で買える株として数年前から注目を浴びていましたから、既に保有している人もいるでしょう。配当金実績は、年間配当で7.5円、100株で750円です。100株を20,000円で購入していても、3.7%程度でしたが、今回の下落時に100株10,800円で購入していれば、6.9%という配当利回りになります。信じられないような利回りです。 ただ、コロナショックで業績が傾けば、これまで通りの配当はされない可能性もあります。

【関連記事】