Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

復習します‼️ なぜ正しい診断よりも正しい判断が大切なのか【岩田健太郎教授・感染症から命を守る講義⑪】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BEST TIMES

 感染症から命を守るための原理原則は、変わらない。この原則を体に染み込ませる決定版。感染症専門医の第一人者・岩田健太郎神戸大学病院感染症教授の最新刊『新型コロナウイルスの真実』をもとに現在の感染者が急増する緊急事態に対し、私たちが「今、できる対策」を連続講義いただいた。「新型コロナウイルス感染症」から自分と家族、人々の命を守るために今、私たちは何をすべきか。第11回目は、前回に続き、新型コロナウイルス対策で合理的な「正しい判断」について学びます。 この記事の写真はこちら ◼️検査をするかしないかは本質的ではない  ところが、新型コロナウイルスの流行によって、この方針が変わりつつあります。というのも、インフルエンザの症状を訴える患者さんに検査をやったところ、患者さんの咳やくしゃみでしぶきを受けて、じつは患者さんが新型コロナに罹っていたので、それで医者が感染した、という事例が出てしまったんですね。 これを受けた日本医師会は2020年3月、「迅速キットでインフルエンザをみだりに検査しないようにしましょう」「臨床的な症状、高熱とか喉の痛みとかでインフルエンザかどうかを判断しましょう」と言い出しました。  やっとか、と思いましたね。ぼくは昔から、もう何十年も前からそうするように言っていたんですよ。検査は間違えるので、とにかく患者さんを診る。検査で判断するんじゃなくて、現象としてのインフルエンザという病気を診る。そして、「この患者さんはインフルエンザという現象を起こしている」と判断したら、それはインフルエンザなのだ、と判断する。  検査をするかしないかは本質的ではないんです。  医者がインフルエンザだと判断したら、タミフルのような薬を出せばいいし、たとえ本当にインフルエンザに罹っていても、医者がそうじゃないと思う症状なら、そうじゃない病気という判断でいい。例えば、インフルエンザウイルスが鼻水を出しているだけの病気を起こすことだってありえます。「これを放っといていいのか」と思われる方がいるかもしれませんが、じつは鼻水だけの病気にタミフルを出しても、得られるものなんてほとんどありません。  ならば、鼻水を出してる人がインフルエンザウイルスによる鼻水なのか他のウイルスによる鼻水なのかは気にする必要はない。要はこの人は「放っとけば勝手に治る何かの病気」だと判断できる。それがインフルエンザなのかどうなのかは分からない。ほっといて治る分には、分からなくていい。だから、この人に検査をしても意味ないよねって話になります。  これまでの医者は、それを全部インフルエンザかどうか検査をして、ウイルスが見つかったとか見つからなかったとか言ってたけど、鼻水だけの人はもう検査しないでいい。検査結果がどっちであっても、やることは変わらないのだから。判断が変わらないのだから。逆に、39度以上の高熱が出て、喉が痛くて、体の節々が痛くて、という典型的な症状のインフルエンザの患者さんに対して検査をしますね。陽性だったらインフルエンザだと判断できますが、陰性でもやっぱりインフルエンザかもしれないわけです、検査は間違えるから。だったら、もう検査なんかしないで、症状だけで、この人はインフルエンザだと決めてタミフルを出しちゃえばいい、という話になるわけです。  

【関連記事】