Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

海パン姿で原爆の日に長崎で遊んでいた私、今は… 被爆体験継承者として記者が「語り部」に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 14年前の長崎原爆の日、現地にいたのに海パンをはいてビーチで遊んでいた私。その後記者になり、昨年からことしにかけ、被爆者に代わって体験を語る継承者を養成する長崎市の事業に参加した。家族4人を奪われた惨禍や抱いてきた思いを受け継がせてくれた長崎市の深堀譲治(ふかほり・じょうじ)さん(89)は「反戦、反核の思いを次世代につなげたい」と語る。継承のための聞き取りを続けて見えたのは、経験の悲惨さ故に芽生えた使命感を胸に、色あせていく記憶を懸命に後世に残そうとする姿だった。(共同通信=井上浩志)  ▽慌てて黙とう  私は埼玉県出身で、記者になって7年目の2017年春に長崎支局に赴任するまで、被爆地とはほぼ縁がなかった。学生時代に旅行で広島、長崎両市を一度ずつ訪れ、双方の原爆資料館を見学したことはあるが平和問題への関心は高くなかった。  実際、深く考えずに長崎旅行の計画を立て、ちょうど61年前に長崎市上空で原爆がさく裂した06年8月9日午前11時2分、20歳だった私は長崎市のビーチにいた。被爆地にとって大きな意味を持つ時刻を告げるサイレンの音を聞いてその日が9日であることを思い出し、慌てて黙とうした。海パン姿で黙とうしたことはこの後にも先にもない。

 そんな私が長崎市の事業への参加を決めたのは、長崎での取材で出会った被爆者や平和活動に取り組む若者らに感化されたのもある。だが契機となったのは昨年7月、被爆者団体「長崎県被爆者手帳友の会」の会長で16年の平和祈念式典で被爆者を代表して「平和への誓い」を述べたほか、福島やウクライナにも足を運んで国内外の核被害者との連帯を追求した井原東洋一(いはら・とよかず)さんが83歳で病死したことだった。  厚生労働省によると、国が交付する被爆者健康手帳を持つのは19年度末時点で13万6682人。高齢化が進み、近年は毎年9千人超の規模で減っている。井原さんの前にも長崎の核兵器廃絶運動をリードする人物が相次いで亡くなり、長崎市の田上富久(たうえ・とみひさ)市長は「被爆者がいる時代の終わりが近づいている」として被爆体験継承の意義を強調してきた。  私は、被爆者が自らの体験や反核への思いを語ってくれることがどれだけ貴重なことか、理解しているつもりだった。だが、面識がある被爆者が亡くなったのは井原さんが初めて。記者発表の際に取材しただけでなく、事務所で雑談にも応じてもらい、飲み会に誘うと「じゃあ、今日行こう」と気軽に乗ってくれた。最後に会ったのは亡くなる約2カ月前の飲み会。被爆75年に向けた取り組みを元気そうに語っていただけにその死は私にとって大きな衝撃で、被爆者の生の声が刻一刻と失われているという現実に強く迫られた思いがした。記者として記事を書くこととは別に「被爆者の体験を自分の中に残し、伝えたい」と思うようになった。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS