Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ちゃんとやらなきゃって思わないで」阿川佐和子さんに聞く介護との向き合い方 “時々ズル”のススメとは?

配信

FNNプライムオンライン

阿川佐和子さんは、私の憧れの人だ。「どんな仕事をしたい?」と尋ねられるたびに、阿川さんのようなインタビュアーになりたいと答え続けてきた。誰が相手でも変わらない率直さと茶目っ気で、人の懐に飛び込み、たちまち胸を開かせてしまう。 【画像】まるで落語家のように、自らの体験を面白おかしく語ってくれる阿川さん 折しも阿川さんが、私が継続取材をしている介護技法「ユマニチュード」の広報大使をしているという新聞記事を見つけた。コミュニケーションの達人・阿川さんは、ユマニチュードの可能性をどう捉えていらっしゃるのだろうか?このチャンスに伺うしかない!その一念でインタビューを依頼し、4月初旬に実現が決まったものの、新型コロナウイルス感染拡大で延期。そして、5月半ばにはお母様を看取られる経験をされていた。 そして迎えた、当日。 インタビューの名手を前にしてなかなか質問が繰り出せない私に、阿川さんは介護と仕事の両立について、コロナ禍でのリモート葬儀、そして「人」としての生き方について、1時間余り大いに話してくださった。 起きていることは大変なこと。なのに、阿川さんが語るとどこか可笑しい。可笑しいのに、深くて胸に染みる。それこそが、阿川さん流のしなやかなモノの見方なのだろう。「なっちゃったことは仕方ない」と言い切る、物事の向き合いかたの極意とは~!? 前編は、「仕事を辞めて家に戻ろうと思った」とさえ考えた介護と仕事の両立について、後編はコロナ禍だからこそ見つけた「ギフト」なるものを紹介する。

父と母の介護は行ったり来たり

佐々木アナ: お母様の介護は何年くらい続きました? 阿川さん: そうねぇ…最後まで一緒に住んだわけではないし、人様の力を借りながらの介護だったのだけど、始まりとしては、2011年頃ですね。2011年の秋に母は心筋梗塞の手術で入院して、その前からモノ忘れは多いなという印象はあったのね。でも、入院中その年の3月の東日本大震災が起きたことを覚えていないくて、いよいよモノ忘れが始まったな、と…。ただ母が退院してからも、その時まだ父も生きていて頭もしっかりしていたから、父と母は2人で住んでたんですね。 父は昼と夜が逆転した生活をしていたので夜中起きていて、ある時はキッチンで転んだのに動けない。母を「おーい」って大声で呼ぶのだけれど、母は耳も遠くなっていたからわからず、何時間もそのまま…なんてこともあったり。ある時はベッドの端で父が転倒して、頭を打って血だらけになる。救急車を呼んで病院に行ったら、頭を打ったことよりも誤嚥性肺炎を起こしてますよと言われてね、老人にとって誤嚥性肺炎はもう死が近い状況を意味するわけですよ。 父ももうこれで最期かな、と思って覚悟していたら、幸いにも1カ月経って父の誤嚥性肺炎が治って退院できることになったんだけど、このまま母の元に戻して家で生活するのは無理だと思って、高齢者の介護に手厚い病院に移ってもらうことにして…「なんで家に帰れないんだ!」とか本人はキンキン言ってましたけどね。 片や父の病院にいろいろモノを持ってかなきゃいけないわ、文句も聞かなきゃいけないわ(笑)。一方では母もだんだん夜は1人にさせられなくなるし、心臓や認知症の病院に連れていかなくちゃいけない上に、膝が悪くなっていて、歩けなくなると一気に弱ってしまうので手術をすることになる。父からは「俺は母さんの手術には反対だ~」なんてことを言われながら(笑)。 まあなんとか母は手術を受けるのだけれど、認知症もあるから、自分が膝の手術を受けたこと自体忘れて立ち上がってしまうといけないってことで、病院から「24時間付き添えますか」と聞かれて「はいぃ?どうする?」ってことになりまして。兄弟と私で誰がどの時間付き添えるかシフトを組んで、アメリカに住んでる弟も帰ってきてくれて…。こうやってあっち行ったりこっち行ったりしながら、一つ一つ段階が進んでいくという感じで。   佐々木アナ: ご両親の間を行ったり来たり…だったんですね。 阿川さん: 家族みんなが母に全神経を注いでいると、今度は「こっちを見ろ」とばかりに父に何か起こるわけ(笑)。そうやって母に一生懸命になっていたら、次は父が危篤になり、母が退院する前日に父が亡くなったんです。 佐々木アナ: 聞いていると、とても大変なことが起きているのに、阿川さんの介護経験は、「きつい、つらい、苦しい」…という一辺倒ばかりではないようにお見受けしますが? 阿川さん: 段階に応じていろいろなことはあったけれど…ひとつはキャラクターに恵まれたことはあります。特に母は、認知症でこんなに介護をしやすい人がいるのか、というような人で。明るくて素直で、どこにでもすぐ順応できて。笑えることだらけだったからねぇ。私は父の血が入っているから、とてもあんな風にはなれないぞ、と思います(笑)。 父もワガママではあったけれど、合理的に物事を考える人だから、「家に帰りたいが、24時間ケアしてくれて下の世話もしてくれて、ここのいいるのが一番いいのだと思う…だが家に帰りたい(笑)」とか何とか言いながらもね、病院に3年半居てくれたことも本当にありがたかった。それと、決して大富豪ではないけれど経済的にも恵まれていたこともね。例えば介護に手厚い病院に入れる余裕があったとか、いざという時にタクシーを使えるとか。 だから、人からはそんなアマちゃんの経験なんて参考にならんと怒られるかもしれないけれど…。ただね、介護を通して出会った先生方からの話や友達の話を総合して思うことは、日本には真面目な子どもたちが多いということなんですよね。親の面倒を看るのは娘や嫁なんだという世間の目もあれば、子どもたち自身もそれが親への恩返しだから「ちゃんと」やらなきゃと思いすぎて、精神的に追い込まれてしまう。 佐々木アナ: まさにそこなのですが、介護で離職をするとか、家族の中でも介護の担い手が女性になりがちで、自分の人生を諦めざるを得ないというケースも多いと思うのですが、どんな支援や情報があれば、その状況は改善されていくと思いますか?

【関連記事】