Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中国、バチェレ国連人権高等弁務官を非難-香港巡る発言で

配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 中国政府は、バチェレ国連人権高等弁務官による香港国家安全法制に関する発言に「強い不満と断固たる反対」を表明した。

ジュネーブの中国政府代表部はウェブサイトに19日掲載した声明で、「中国の主権と内政問題への著しい干渉であり、国連憲章の目的と原則に反する」と主張した。

国連のウェブサイト「UNニュース」の記事によれば、バチェレ氏は同日、香港国家安全法案は中国の人権責任に完全に順守する必要があり、国連人権高等弁務官事務所として状況を注視していると述べた。

同氏は「国際人権法の下で保護されている行為と表現を犯罪として扱うために、こうした法制を用いることは決してできない」と指摘。香港に関するいかなる法律も、市民・政治的権利に関する国際規約と経済・社会・文化的権利に関する国際規約の条項を尊重しなければならないと語った。

原題:China Accuses UN Human Rights Head of Interfering (Correct) (抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Apple Lam

【関連記事】