Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

香港版「国家安全法」を米国務長官が非難 価値観の対立が引き金、現実になった米中「新冷戦」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊東洋経済
香港版「国家安全法」を米国務長官が非難 価値観の対立が引き金、現実になった米中「新冷戦」

ポンペオ米国務長官は、中国共産党の価値観への批判を連発。米中対立の落としどころは見えない(ロイター/アフロ)

<2020年6月20日号> 香港版「国家安全法」が全国人民代表大会(全人代)に提案された5月22日、ポンペオ米国務長官はこれを非難し、中国政府に対して「香港の高度な自治と民主制度、市民の自由を尊重するよう」要求した。

本文:1,658文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込55
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    小原 凡司 :笹川平和財団 上席研究員

    週刊東洋経済の有料記事

    PayPay残高使えます