Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「なぜ黒人は差別されてるの?」子供の質問にどう答えたら…。大坂なおみ選手のメッセージ、私たちは受け止められるか。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ハフポスト日本版

2度目の全米オープン制覇を達成した大坂なおみ選手の活躍で注目が集まったBlack Lives Matter(BLM)運動。子どもたちが憧れる大坂選手の行動は、日本でも人種差別について考えるきっかけになるはずだ。 大坂選手は試合ごとに人種差別や警察による暴力の犠牲者の名前が書かれた黒いマスクをつけ、BLMへの連帯を示してきた。 大坂選手は優勝インタビューで、「みなさんがどんなメッセージを受け取ったかに興味があります。より多くの人が、このことを語るきっかけになるといいと思います」と逆に会話のボールを私たちに渡してくれた。 だが、そもそも日本に住む私たちは大坂選手の言葉を受け止めきれるのだろうか。 「BLM運動」を子どもたちに向けて、きちんと説明できるだろうか。

「なぜ黒人は差別されるの?」子どもの疑問に、どう答えたらいいのか分からなかった

6月、ジョージ・フロイドさんの死を受けてアメリカで大きく広がったBLMの抗議デモ。海外ニュースとして日本でも取り上げられる機会が多く、筆者も小学生の息子からこんな質問を受けた。 「どうして黒人は差別されているの?」 人種差別がなぜ起きるのか。黒人差別がどういう歴史をたどり、現在のBLMに至っているのか。「黒人」や「人種」という言葉の意味もよく理解していない息子に対し、正確に分かりやすく伝えるのは本当に難しかった。 このテーマに詳しい、愛知県の大学で教鞭をとる松井 ヘイ アブリルさんに相談してみた。 「BLMについて、子どもたちにどう伝えたらいいですか?」

“殴られて育った子” と “愛されて育った子”

松井氏は、25年前に来日したイギリス出身の黒人女性。現在は、日本人の夫と2人の子どもたちと暮らしている。 日本語は流暢だが、母語で細かいニュアンスを正確に伝えたいと、英語で取材に応じてくれた。 「アメリカやヨーロッパで起きているBLM運動の背景をすごく簡単に説明すると...」 言葉を選びながら、こんな例えを示してくれた。 「2人の子供がいるとします。1人は愛情いっぱいのキスやハグをされて育った子どもです。もう1人は、ことあるごとに顔を殴られ暴力を受けながら大きくなりました。そうして2人の子どもが大人になった時に、2人はどうなっているでしょうか?」 「これが、今起きていることです」 日本では、BLMについて次のような感想を聞くことがある。 「黒人も白人も犯罪をしたら警察から銃を向けられるのは当たり前だ」 「警察に撃たれて亡くなる白人もいる」 BLMのきっかけとなった、それぞれの事件の原因は差別ではなく、個別のケースによって異なる「個人の問題」だという考え方だ。 だが、松井氏は言う。 「個人の問題ではなく、構造の問題なんです。(愛情いっぱい育てられるのではなく)殴られて育つ子ども。こんなことは、もう変えなくてはいけない。そういう怒りや正義を求める声が『BLM』なんです」 当時、デモに乗じた暴動も一部で起きていた。そうした衝突のシーンばかりが、メディアを通じてことさら強調されて伝わっていた。こうしたメディアの伝え方にも、松井氏は疑問を投げかける。 「日本のメディアには、デモに参加している人数、ほとんどのデモが平和的に行われていることをもっと報じてほしい。デモに参加しているのも、黒人だけではありません。白人、アジア人、ユダヤ人…いろんな人が団結して、公平と正義を求めて訴えている。どうしても暴力的なデモの映像ばかりが取り上げられてしまいますが、それはごく一部の話です」

【関連記事】