Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍で投資に興味が出てきた女子が増加中!?興味はあるけれど、行動に移せない理由とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Suits-woman.jp

この約半年間で、私たちの生活を大きく変えた新型コロナウイルス。時代の変化の流れを実感している堅実女子も多いのでは?これからどうなるんだろうという、期待と不安が入り混じった気持ちでいる人も多いことでしょう。 そんな中でも気になるのが、お金のこと。老後資金2000万円問題の話題や消費税率アップなど、昨年からお金について改めて考えることが多くなった人もいるかもしれません。 今回は、ソニー銀行株式会社が実施した「女性の資産形成・資産運用に関する調査」の結果をご紹介していきます。

コロナをきっかけに投資に興味が出てきた!?

失業や大幅な給与カットなど、コロナ禍で経済的なダメージを受けた堅実女子もいるでしょう。また、お金の使い方を改めて見直している人もいるのでは? 将来のためにできることとして考えたときに、思い浮かぶひとつの方法が投資(資産形成・資産運用)。新型コロナウイルスの感染拡大以降、投資(資産形成・資産運用)への興味が高まったかの質問には、女性の約4人に1人(24.4%)が、興味が高まったと回答したそう。将来のために何かしなくちゃという不安が、投資への興味につながったのかもしれませんね。 一口に投資と言っても、その種類は様々。投資をすでに行なっている人、または興味がある人に、どのような投資を行なっているかを聞いたところ、「円定期預金(積立含む)(42.0%)」が最も高く、次いで「NISA(積立含む)(32.1%)」「投資信託(積立含む)(30.7%)」「株式投資(28.3%)」「外貨預金(積立含む)(17.5%)「iDeCo(15.6%)」が続きました。 投資への興味は高まっているものの、実際にすでに投資を始めている人は全体の2割ほど(22.2%)。一歩踏み出せない理由は一体どこにあるのでしょうか。

投資って、興味はあるけれど失敗したら怖そう…!?

投資に興味はあるけれど、始めてはいない理由として、左のような傾向があることが明らかになりました。 トップが「どのように始めればいいかわからない(69.3%)」、続いて「十分な知識、経験がない(65.3%)」「「損をすることが怖い(46.5%)」の声が挙がりました。 知識や経験がない状態で手を出すと、リスキーで怖いといったイメージを抱いている人が多いようです。誰もが未経験からチャレンジするわけですが、皆さん、どのように情報を収集しようとしているのでしょうか。 問. あなたが投資(資産形成・資産運用)を始めるとき、どのように情報を集めたいと思いますか。(複数回答可 n=197) 第1位:Web上で情報を集める(52.3%) 第2位:書籍・本から情報を集める(24.4%) 第3位:銀行などの店舗でアドバイザーと話す(22.3%) 第3位:投資に詳しい友人・知人と話す(22.3%) 手軽に情報を入手できるインターネット経由が人気のようです。ただし、誰もが自由に情報を発信できる場だからこそ、参考にする情報の見極めは大切。知識や経験が浅いうちは、何が怪しいかそうでないかもわからないことが多いので、銀行の専門アドバイザーやファイナンシャル・プランナー(FP)などの専門家に直接相談する方が安心かもしれません。参考にしてみてくださいね。 【調査概要】対象:20歳~54歳の女性500名 日時:2020年6月6日~2020年6月7日 実施方法:Webアンケート

【関連記事】