Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

19連敗!なぜ人工芝で巨人に勝てないのか?~ドラゴンズ1970年代(続)~

配信

CBCテレビ

球団創設84年目を迎えた中日ドラゴンズの2020年シーズンは、新型コロナウイルスの影響によって開幕を迎えることができない日々が続いている。そんな球団の歴史と熱戦譜を年代別にふり返ってみた。今回は「70年代」(1970~1979年)への旅、その続編である。(敬称略)

赤ヘルに敗れて連覇ならず

ドラゴンズの70年代を語る上で、主役となるのはもちろん20年ぶりの優勝をはたした1974年シーズンなのだが、それに続く5年間はある意味で実にドラマチックだった。 優勝翌年の1975年、当然のように、ドラゴンズは連覇をめざした。連覇を表す「V2」という言葉が名古屋の街の“合い言葉”にもなっていた。宿敵ジャイアンツは、9連覇の将・川上哲治が退任して、前年に引退した長嶋茂雄が監督になっていたが低迷し最下位。ドラゴンズは夏場に2度も首位に立ったが、最終的に球団初の連覇は成らなかった。落合博満監督らがそれを成し遂げる2011年まで、実に36年も待たなければならないことになる。この年の頂点に立ったのは広島東洋カープ。「赤ヘル軍団」が歴史の一歩を力強く踏み出した。もし連覇を成し遂げていたら、レギュラーの円熟度からしてもさらなる連覇が期待され、ドラゴンズの歴史は大きく変わっていたかもしれないと思う。

人気選手トレードにファンも大揺れ

大型トレードが発表された。6年ぶりにBクラスに転落した1976年のオフ、島谷金二と稲葉光雄が阪急ブレーブスに移籍した。背番号「8」と背番号「18」の放出に、ファンの動揺も激しかった。2人とも20年ぶりリーグ優勝の立て役者であり、多くの竜党が愛していた選手だった。 この年、もうひとつトレードに関わる大きな出来事は、優勝年の新人王だった藤波行雄のトレード拒否だった。クラウンライター・ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)への移籍を通告された藤波は「ドラゴンズが好きだから」と任意引退覚悟でそれを断った。結果、藤波は出場停止などの処分と共に、背番号「3」を剥奪された。 それぞれのトレードの是非はともかく、ドラゴンズというチームが“血の入れ替え”によってチーム強化を進めようとした姿勢は強烈だった。そして、それは80年代における数々の衝撃的なトレードのまさに“序章”だった。

【関連記事】