Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「右足の上にスティック」でアイアンがビシッと当たる!? トップアマの練習法をゴルフバカが試してみた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

週刊ゴルフダイジェストで紹介されていた、トップアマが実践する「アイアンの精度が上がる」練習法。ポイントは右足の上にスティックを置いたまま打つことだと言うが、はたして効果はあるのか? 24時間ゴルフのことを考えている“ゴルフバカ”で、シングルハンディの腕前を持つイラストレーターの野村タケオが実践してみた。

右足かかとを浮かさずに打つ

みなさんこんにちは。ゴルフバカイラストレーターの野村タケオです。僕はあまり練習が好きではなくで、練習場にはあまり行かないんです。ただ、そんなこと言っててはなかなか上手くならないわけで、もうちょっと頑張らねばイカンな~と最近は思っているんですよ。 ただね、闇雲にボールを打ってても上手くなるとは限らない。やっぱ効率のいい練習をしないとダメなんです。週刊ゴルフダイジェストの6/9号に「シングルたちのなるほど100球メニュー」って記事がありました。 プロが教える練習方法ってのももちろんいいのですが、トップアマが実際にやってる練習法ってのはとても気になるわけです。だって、彼らがその練習方法で上手くなったわけですからね。なので、その記事の中でもすぐにできて、僕の悪いクセを直してくれそうなのを試してみることにしました!

記事では何人かのトップアマが自分のやっている練習方法を紹介しているのですが、その中でハンデ+1.6の方の「アイアンの精度が上がる」練習が気になりました。右足の甲の上にスティックを置いて、ボールの打ち出し方向にも1本スティックを置く。そしてフィニッシュまで甲の上のスティックを落とさないように、ボールの先のスティック方向に打ち出すという練習方法。 これができればアイアンの精度も上がるし、体が左に突っ込む人の矯正にもいいらしい。調子が悪くなると左に突っ込むクセがある僕としては、これはぜひやりたいと思ったわけですよ。

さっそくやってみましたが、1発目は見事に大ダフリしました。下半身を動かさないってことを考えすぎて、手だけで打ったっていうのが原因でした。しかし右足のかかとを浮かさないということだけを意識して、それ以外は普通に打つようにしてら意外に簡単にできるようになりました。いわゆる「ベタ足」ってやつですよね。アン・ソンジュプロとか韓国のプロはけっこうベタ足で打つ選手が多いので、そのスウィングを意識して打ちました。

【関連記事】