Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ローソン新PBを外国人はどう見た?日本のコンビニがどこまで「配慮」しているのかを聞いてみた。

配信

ハフポスト日本版

「これは魚なのか?肉なのか?」 私がコンビニで買い物をしていたとき、外国人の男性客から「ツナマヨおにぎり」を差し出され、不安げに尋ねられたことがある。事情を聞くと彼はイスラム教徒で、ハラールの肉以外は口にできないのだという。 食品から日用品まで全てが揃う日本のコンビニ。 しかし、日本語が分からない外国人が見る「景色」は少し違う。商品の中身が分からず、ジュースと間違ってチューハイを買ったという失敗も耳にしたことがある。 訪日外国人の数は2019年に過去最高の約3188万人に達したが、買い物での苦労はたえない。 そんな外国人客に配慮して、コンビニ大手のローソンはこの春、PB(プライベートブランド)の一部商品で、多言語での表記を始めた。「外国のお客さまが商品を選びやすいように、優しいパッケージを追及した」(同社広報)という。 賛否両論を呼んでいるローソンの新PB。今回の記事では「外国人の視点」から分析してみたい。

アメリカ出身男性「低脂肪牛乳を間違えて買わずに済む」

ローソンPBの新しいパッケージで使われている外国語は、英語・韓国語・中国語の3つ。食パンや牛乳、豆腐などの食品を中心に多言語表記が用いられている。 新パッケージのデザインを巡っては「商品名が小さくて、見えづらい」「デザインのメッセージ性が分からない」などの意見がある一方、ローソン広報によると「多言語表記だが情報量が多いと感じない」という声も届いているという。 実際に外国人に取材をしてみた。 日本在住3年目のアメリカ出身の男性は、「成分無調整牛乳」と「低脂肪牛乳」を買い間違えてしまうことがよくあるそうだ。だが新パッケージは、商品名の英語併記とパッケージの色分けで両者の区別が分かりやすいという。 「日本の商品パッケージは、商品名と写真以外にも情報が多すぎてゴチャゴチャと分かりづらい印象です。LOW FAT MILKと上の方に書いてあるローソンのデザインはシンプルで分かりやすいです」 トルコから留学に来ている女子学生はイスラム教徒。戒律によって口にできない食べ物がある。そのため、スーパーやコンビニでは、スマホの翻訳機能を使って商品名や成分を全て確認する。「英語で品名がわかると、翻訳の手間が少し省けます」と話す。

【関連記事】