Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オリンピック正式種目、アカデミー賞受賞…スケートボードが世界を席巻

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 東京2020オリンピック(2020年夏の開催日程から1年延期)から正式種目となり、スポーツとしても注目をあびているスケートボード。ストリートカルチャーとして、ファッションや音楽とも密接に結びつき、スケーターを通してリアルな若者の姿を描いた映画も数多く生み出されてきた。 【動画】ニコ・ヒラガがスケボーで登場するシーンを含む本編映像  伝説のスケボーチーム“Z-BOYS”の友情と別れを描いた実話をもとにした『ロード・オブ・ドッグタウン』(2005年)、スケーター達が集まるパラノイドパークを舞台に、スケボー少年が起こした事件をとおして思春期の少年の内面を繊細にうつした『パラノイドパーク』(07年)など、スケートボードというと“男子の遊び”のイメージもあったが、近年は“スケボー女子”も注目されている。  ニューヨークのガールズスケーターたちの友情と絆を描いた『スケート・キッチン』(18年)。今年2月の『第92回アカデミー賞』で短編ドキュメンタリー賞を受賞したのは、アフガニスタンを舞台に、スケートボードの授業を取り入れている女子校に密着した『スケボーが私を変えるアフガニスタン 少女たちの挑戦』だった。  今夏、オリンピックは延期になってしまったけれど、日本のスケートシーンで活躍する4人のスケーターたちが主人公の青春映画『STAND STRONG』(菊池久志監督)が7月24日に公開。さらに、クールなスケーターが登場する映画が相次いで公開される。 ■『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』(8月21日公開)  明日は卒業式。親友同士のモリーとエイミーは、高校生活の全てを勉学に費やし輝かしい進路を勝ちとった。ところが、パーティー三昧だった同級生たちも同じくらいハイレベルな進路を歩むことを知り驚愕。2人は失った時間を取り戻すべく、卒業パーティーに乗り込むことを決意する。  オリヴィア・ワイルド初監督作。主演は、本作でゴールデン・グローブ賞にノミネートを果たした『レディ・バード』ビーニー・フェルドスタインと、『デトロイト』ケイトリン・デヴァー。たった一晩のはちゃめちゃな冒険が、全ての登場人物に気づきを与え、爆笑の後には過ぎ去った時間の愛しさと、彼らを待つ未来の美しさを予感させてくれる。  この映画には、やんちゃだけどちゃっかりと名門大学に進学するタナー役で、スケートボーダーとして活躍のニコ・ヒラガが出演。サンフランシスコの次世代スケーターたちのDVD『CHAODOWN』の参加や、西海岸のスケーター集団「Illegal Civilization」、グラミー賞受賞ラッパー、タイラー・ザ・クリエイターがプロデュースのアパレルブランド「GOLF WANG」などのクルーとして活躍し、ストリートヘッズをけん引。『スケート・キッチン』にも出演しており、今後、スクリーンでの活躍にも期待が高まる。  さらに、「NIKE SB」のマイアミツアーに参加し、キュートなルックスとワイルドな滑りのギャップが魅力のスケーター、ヴィクトリア・ルエスガも出演。主人公エイミーの片想いの相手、ライアン役を好演している。

【関連記事】