Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「エヴリタイム」から3年半、ボーイ・パブロがニュー・アルバム『ワチト・リコ』を発表

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 高校生だった2017年に発表した「エヴリタイム」が大ヒット。2018年の来日公演も満員御礼の盛況だったノルウェー・ベルゲン出身のニコラス・パブロ・ムニョスによるプロジェクト、ボーイ・パブロ(Boy Pablo)が、ニュー・アルバム『ワチト・リコ』 (CD OTCD-6826 2,400円 + 税)を10月23日(金)に発表します。  アルバム・タイトルはチリ語で「ハンサム・ボーイ」を意味し、誰かを愛するという考え方も含む言葉。ムニョスはこの言葉をアルバムのテーマとキャラクターに据え、アルバムをもう一人の自分のラブ・ストーリーに仕立てました。公開されている収録曲「hey girl」のミュージック・ビデオは、その導入となっています。  これまで一人で曲を書いてきたムニョスですが、2019年を通して行われた新作のソング・ライティングとレコーディングでは、兄のエステバン・ムニョスと義兄のErik Thorsheimと協力し、ヴィジョンを拡大。ラテン・アメリカ人とノルウェー人のバックグラウンドを融合させ、深い愛情に根差した雰囲気を作り上げました。

【関連記事】