Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

40年以上の老舗ライブハウス・新宿ロフト、コロナ禍受け「元通りの営業再開は来年以降まで覚悟している」

配信

エキサイトニュース

オープンしてから40年以上経つ老舗ライブハウス「新宿ロフト」。全国的にも名高く、これまでにサザンオールスターズや山下達郎など数多の著名アーティストがそのステージに立ち、また、この場所に憧れを抱くアーティストや観者も多い。いまや11店舗を数える同系列グループ内でも売上げは最多、リーダー的な存在でもある。 現在のコロナ禍を受け、感染防止の為の営業自粛要請の遵守と世のライブハウスの風当たりも強い昨今。同店も現在、ライブは一切行われていない。ほかのライブハウスに比べ面積も大きくキャパシティも多大なぶん、その維持費やライブが行えない機会損失金額も大きい。自粛長期化が進めば、継続や存続も危ぶまれている。 少しでもその損失を埋め、今後の活動再開に向けての発信や情報提供をしていくべく新宿ロフト支援プロジェクト「Forever Shinjuku Loft」が5月より立ち上がった。13日からは、その第二弾としてドネーショングッズとなるオリジナル抗菌性マスクの受注販売も始まっている。 ライブハウスにおける現状について、新宿ロフト店長・柳沢英則氏と、同店のブッキング担当・樋口寛子氏に話を伺った。 取材・文/池田スカオ和宏 緊急事態宣言以降、ガラリと変わった営業体制

――まずは新宿ロフトにおける新型コロナウィルスの感染拡大防止の為の営業自粛での損失から教えて下さい。 柳沢英則(以下、柳沢):2月の後半頃からですね、公演中止が始まったのは。3月中も多少の公演はありましたが、3月後半以降ライブ営業自体は全くしていません。 ――当初は自粛もそこまで強制力のない状況であったと記憶します。 柳沢:はじめの頃はアーティストさんから「中止/延期にしたい」との申し出が多数でした。そのうち感染の危機感や自粛ムードも加わり、東京都からの自粛要請が決定打となり、以後、新宿ロフト側から公演を一切中止もしくは延期にしてもらう働きかけの運びになりました。 ――ちなみに先方から「中止にしたい」との申し出の際は、通例通りキャンセル料等は先方負担でしたか? 柳沢:事態が事態なので、うちもそれを汲みつつ相談しながら都度決めていきましたね。 ――自粛に踏み切るか? 否か? の判断は他所も新宿ロフトの動きや出方を見てからという、ベンチマーク的存在のひとつであったと思われます。その辺りの「代表して自粛に踏み切る」責任感やプレッシャーはいかがでしたか? 柳沢:やはり周辺からの注目や視線は気にはなりました。その辺りは周りのライブハウスのコミッション等と連携をとり、他の業種や世の中の流れや営業情報等で判断し、自粛突入時期を決めました。 ――世間からはライブハウスは3密の要素が揃っており、感染拡大の元凶的な見方もされ、早い段階から自粛の促しに則した印象があります。 柳沢:やはり感染拡大がライブハウスで起こってしまったのは事実としてあったので、それに関しては私個人としては真摯に受け止めました。換気や密みたいな部分はやはり避けては通れない場所でもありますので。 樋口寛子(以下、樋口):当初はこれほど尾をひくとは想像もしていませんでしたからね。一度公演を延期し、「この時期だったらきっと行えるだろう」と組んだ再公演さえも、さらに延期になったものも出てきていますから。 ――緊急事態宣言以降は営業体制も変わりましたか? 樋口:ガラリと変わりました。ライブが不可能な関係上、基本私たちも在宅業務が中心になってしまって。 ――そんななか、現在はどのような内容の業務を? 樋口:基本、中止や延期になった企画や公演に際する各所への連絡や手続き、お客様への前売りチケット代の払い戻し作業ですね。それと並行して店舗を存続させるための動きを色々と準備や画策しています。ライブはできなくても、店舗自体の家賃や共営費、雇用しているスタッフの人件費は出ていきますから(苦笑)。 ――やはり変わらず家賃は払わなくてはいけないんですね。 柳沢:(苦笑)。そこは変わりませんでした……。 次につながる支援とは? を今一歩深く考えた

【関連記事】