Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

麒麟・川島明が『ぼくをつくった50のゲームたち』で魅せるゲーム愛「『キン肉マン』で何度友情を壊しかけたか(笑)」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

お笑い界を代表するゲーマーである麒麟の川島明さん。そのゲーム愛の深さは、スポーツ雑誌『Number』で無理やりゲームの連載までしてしまうほどだ。 【写真】ゲームの楽しさを熱く語る川島 そんな川島さんが、自身の思い出深いタイトルを50本について語り尽くした新書『ぼくをつくった50のゲームたち』(文藝春秋)を発表した。 懐かしのファミコンから最新のハード、スポーツ、アクション、RPGとジャンル的にもゲーム好きなら胸アツ必至の内容となっているが、しかし? 週プレ的には大問題が! なんと、あの超名作『キン肉マン マッスルタッグマッチ』(ファミコン/1985年発売)が掲載されていないのだ。というわけで川島さんに、物申す! マッスルタッグマッチを掲載しなかった理由とは? 川島 正直、ファミコンでもミニファミコンでもむちゃくちゃやり込んでるゲームなんですけど......。書籍の次回作のために、ここは掲載を見送りました! ――川島さん、いつものイケボが若干裏返りぎみですけどッ! 川島 いやー。僕、兄がいるんですけど、その兄どころか友人全員との友情関係を壊すほど、マッスルタッグマッチをやり込んでましたよ。すべての原因はブロッケンJr.です。 ――ブロッケンJr.をめぐる争いが勃発したと? 川島 やはり使用キャラの争奪戦が始まりますよ。バトル開始前のキャラセレクトで、誰がどのキャラを使用するか? ここで必ずひと揉めするのがマッスルタッグマッチなんです。 飛び道具の使えるブロッケンJr.、存在そのものが飛び道具のバッファローマンやウォーズマン。これをセレクトできないと、いきなり不利になるゲームですからね。 あとバトル中は、相手が弱って動きが遅くなったところから、さらにボコボコにするとか。このゲームは人間性が丸出しになるんです。キン肉マンの作中では「友情パワー」言ってますけど、このゲームのせいで何度友情を壊しかけたかって話ですよ(笑)。 ――ゲーマー目線で、マッスルタッグマッチのゲーム性の部分で注目してたところは? 川島 リング上のロープがちゃんと機能してプロレスになってたことですね。超人の動きも若干スローで、プロレスゲームの先駆けになったタイトルだったと思いますよ。 『キン肉マン マッスルタッグマッチ』は、そんな思い出がいっぱいある名作ゲームなので、また書籍を出版させていただく機会がれば、今度こそは表紙にしたいと思います(笑)。 ――なんだかまたイケボが裏返り気味ですが、よろしくおねがいしますっ! で、こちらの『ぼくをつくった50のゲームたち』(文藝春秋)ですが、けっこうスポーツ系のタイトルが多くラインナップされてますよね? 川島 もともとスポーツ雑誌の『Number』さんの連載ですからね。連載当初は『ハイパーオリンピック』や『パワプロ』とかスポーツモノを紹介していたんですが、だんだんなし崩し的に『熱血高校ドッジボール部』、そして『ドラクエ』『FF』シリーズとスポーツ関係なくなってました(笑)。 ――ちなみに当時、衝撃を受けたスポーツゲームは?

【関連記事】