Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

FEMM、「Chewing Gum Cleaner」をデジタル・リリース&MV公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 2014年にレディー・ガガやアイコナ・ポップを手掛けたブライアン・リーと制作した「Astroboy feat. Honey-B & W-Trouble」でデビューし、同年の「Fxxk Boyz Get Money」が欧米のティーンを中心にスマッシュヒットして以来“ガールズ・アンセム”として世界中のインフルエンサーから支持を獲得。常にアヴァンギャルドなトピックを提供し、音楽業界やファッション業界から注目されている、意思を持つマネキン“RiRi”と“LuLa”からなるダンス&ラップ・デュオのFEMM(FAR EAST MENTION MANNEQUINS)が、10月16日(金)に新曲「Chewing Gum Cleaner」を各ストリーミング・サービスにてリリース。YouTubeでミュージック・ビデオが公開されています。  「Chewing Gum Cleaner」は、スクリレックスとジャスティン・ビーバーとの「ホウェア・アー・ユー・ナウ」をはじめ、世界的なダンス・ムーヴメントの最重要プロデューサーの一人として活躍するディプロの主宰レーベル「マッド・ディセント」から音源を発表するほか、リッチ・ブライアンやJojiなどアジアにルーツを持つアーティストを擁するアメリカ拠点のレーベル・カンパニー「88 rising」とコラボレーションするなど、ダークでカオスな独自の世界観で人気を博す日本人アーティストのKiWiがプロデュースを担当。ゴシックでホラーなベース・ミュージックに仕上がっています。  そのミュージック・ビデオは、光の三原色の原理を応用して彩る影をつくるペンダントライト「RGB Light」を発案し、「Fxxk Boyz Get Money」のミュージック・ビデオも手掛けた視覚ディレクターの河野未彩とのタッグで製作。東京・表参道にて1ヵ月にわたるロングラン公演となったFEMMのワンマン・イベント「DOLLHOUSE」でのパフォーマンス映像も使用され、来場者を3Dモデル化した世界最大規模の約700体のアバターによるシンクロ・ダンス・シーンを展開。全編にわたって駆使される3DCGには、世界的に人気を博すコレクティヴ「BRDG」からKeijiro Takahashi、Kenichi Kawamura、Kota Yamajiらが参加した、圧巻の映像となっています。FEMMは、パリコレなどでも活躍する日本にある数少ない特殊メイク・特殊造形・特殊衣装のアトリエ「GM Atelier」が製作した「攻殻機動隊」「新世紀エヴァンゲリオン」などのジャパニメーションの傑作のメカニック・デザインをリアルに可視化した、スタリッシュなパワードスーツに身を包んでいます。  カップリング曲となる「Dead Of Night」は、アメリカ・ラスヴェガスで開催された全米民生技術協会(CTA)主催の電子機器の業界向け見本市「CES」にて披露した、FEMMのAR(拡張現実)ライヴのために製作されたロマンティックなメロディと意味深な歌詞が交錯するダーク・エレクトロ・ヒップホップ。こちらは、10月に入って自身のInstagramにて“ヴォーギング”(マドンナ「ヴォーグ」のミュージック・ビデオでも有名な、幾何学的な動きで表現するモダン・ダンス)や“タット”(リズムに合わせて手首や指、腕などを巧みに操る、SNSでも人気のダンス・パターン)など、FEMMらしいスタイルをベースにしたインダストリアルな作風のダンス動画を投稿していたことで、ファンの間で話題を呼んでいました。

【関連記事】