Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

猛打連発の堂林翔太(中京大中京出身)に訪れた高校の先輩・稲葉、嶋とのある共通点とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校野球ドットコム

 広島東洋カープの堂林 翔太(中京大中京出身)の勢いが止まらない。  7月16日の巨人戦で右中間スタンドへ今シーズン第4号、そして7月17日の東京ヤクルト戦では5打数4安打の大活躍。 【画像】高校時代は投手として活躍した堂林翔太の洗練された投球フォーム 成績は打率.446、4本塁打、15打点。さらには得点圏打率.524と走者が出たらこれほど恐ろしい打者はいない。もちろん打率、得点圏打率はセ・パ両リーグでも単独トップで、安打数は東北楽天の鈴木 大地(桐蔭学園)の34安打の1本差に迫る状況だが、鈴木は24試合出場に対し、堂林は19試合で33安打なのだから、恐ろしいペースで安打を打っていることがよくわかる。  今年は105試合に出場して79安打を放った2013年、93試合に出場し、70安打と放った2014年よりもすごいペースで、19試合で半数近い33安打を打っているのだから、これは復活というより「進化」をしている表現がぴったりだろう。  今回紹介したいのは、過去に活躍を見せてきた中京大中京出身の野手たちの29歳シーズンでキャリアハイに数字を残していることだ。  その実例として、1人目は稲葉篤紀(法政大ーヤクルト-北海道日本ハム)。28歳だった2000年は87試合にとどまったが、29歳となった2001年は138試合出場、打率.311、25本塁打、90打点の大活躍でリーグ優勝、日本一を達成。ベストナインも受賞している。  また嶋基宏(国学院大-東北楽天-東京ヤクルト)は29歳だった2013年、キャリアハイの134試合に出場し、リーグ優勝。日本一に貢献。ベストナイン、ゴールデングラブも受賞し、選手キャリアとして最も輝いた年だった。  中京大中京出身の堂林が先輩2人と同じく29歳のシーズンでこうした活躍を迎えているのは驚きという言葉しかない。もちろん先輩と同じくキャリアハイの成績を残すことができれば、堂林の今後、30代シーズンにとって大きな影響を与えるのではないだろうか。ぜひ今後も安打を量産し続けることを期待したい。

【関連記事】